シマカノコガイとミニブッシープレコ








シマカノコガイ








うちのコケ取り部隊です(笑)
初心者の私の家においては、どちらも古株です。

今までにチャームさんからカラーサザエ石巻貝、シマカノコガイ、ホンコンプレコ、新宿のアクアフォレストさんから1.3㎝くらいのときに、下の画像のミニブッシープレコを迎えました。

カラーサザエ石巻貝は小さすぎて、コケ取り機能が無いに等しいです(笑)
うちは3匹セットでしたが、お掃除役になってもらうには、12匹セットくらいがいいのかもしれません。
ホンコンプレコは見た目はかわいくていいのですが、やはり小さいせいか、コケ取り機能は「微」くらいです(笑)
ミニブッシープレコは今ではフルサイズのようですが、コケ取り機能は「中」くらいです。それと、黒ゴケは食べてくれません。
うちで一番有能なのはシマカノコガイです。壁面のコケも、アヌビアス・ナナについた黒ゴケも、その辺りに置いておくと、きれいにお掃除してくれます。
ただ、うちではアヌビアス・ナナ中心なのでよい結果が出ていますが、プレコもシマカノコガイも細めの葉の水草には向かないかもしれません。

シマカノコガイは平らなところでは直進していくことも多いようで、よく水から出てじーっとしています。
「しまった、ここ、水のなかじゃないよ~」と気づいたものの、水の中に戻るルートが分からなくなってじっとしている…わけではなく、水分が失われてきて、本能的に動きを止めるのでしょうね。
最初のうちは水の中に戻してあげていたのですが、最近になって、スポイトで上から飼育水をチューッとかけてあげると、そのまま放っておいてもいつの間にか水の中に戻ることに気がつきました。







プレコ








ミニブッシープレコはちっちゃい頃はかわいらしかったのですが、今はもうかわいいという感じではないですね(笑)
でも、模様がなかなかいい感じですし、もともとプレコの容姿は好きなので、気に入っています。
アピストグラマの子供の中の一番大きな雄と、よく土管の取り合いをしますが、プレコが勝ちます(喧嘩ではないです)。アピストグラマは気が強いはずですし、故・アガシパパはよく他の魚を追っていて、プレコも追われていたのですが、うちの水しか知らない2代目は、少しお坊ちゃまなのかもしれませんね(笑)


↓ ブログランキングで暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:☆水槽の中☆ - ジャンル:ペット

チェッカーボード・シクリッド








チェッカーボード・シクリッド








ヒレが少し赤い色の個体と、追加購入したヒレに赤い色がまったく入らない個体の2匹がいます。
ヒレに赤い色が入らない方の個体は雄だと思っていたのですが、いつまでたっても尾びれが伸びません。
雄は成長するとチェッカーボード模様は消えてしまうらしいのですが、尾びれが伸びて美しい青い煌めきが出るようになるようで、ぜひ見てみたかったのですが、どうも雌2匹のようです。







チェッカーボード・シクリッド









↓ ブログランキングで暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:☆水槽の中☆ - ジャンル:ペット

ボトルアクアリウム解体








クラウンキリー







クラウンキリーとスカーレットジェム








ベアタンクに移したアピストグラマ・アガシジィの稚魚たちが元気そうなので、薬浴を続けていたクラウンキリーもここに移しました。まだどことなくひよひよしてはいるのですが、食欲がしっかりあることと、さすがにこれ以上薬浴を続けては、逆にダメージになりかねないと考えました。

うちのボトルはスカーレットジェムには快適そうに見えますが、大きくなってきたクラウンキリーにはやや狭そうになってきていたので、ボトルアクアリウムは解体して、ジェムも稚魚たちと一緒にしました。
ただ、アガシママが縄張りを主張して稚魚たちや他の魚を追うので、稚魚が殺されないようにママだけ移しました。

アピストグラマの稚魚、ゴールデンハニードワーフグラミー、アプリケイリクティス、バンブルビー・オトシン、ミニブッシープレコ、クラウンキリー、スカーレットジェム…、誰も争わず、追い回す者もなく、平和な光景です(^^)



↓ ブログランキングで暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:☆水槽の中☆ - ジャンル:ペット

クラウンキリーが餌を食べてくれました!








クラウンキリー








昨夜、クラウンキリーの記事をアップして1時間半ほど経ってから、またクラウンキリーの様子を見ていたら、なんとなく、「餌を食べてくれるのではなかろうか」という気がしてきました。
どこがどうというわけではなかったのですが、見ればみるほどそんな気がしてきたのでブラインをあげてみたところ、勢いよく食べてくれました
嬉しかったのなんのって、まさにな気持ちになりました。

今朝もクラウンキリーはブラインを食べました
ただ、やはりまだ体色が薄く弱々しい感じが残っているので、しばらくは薬浴を続けようと思います。
ゆっくりでもいいから、このまま治っていって、完治してほしいです。


↓ ブログランキングで暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

クラウンキリー死なないで








クラウンキリー








先週の木曜日の朝、うちのクラウンキリー達の中で一番大きい、ボトルアクアに住んでいるクラウンキリーが餌をまったく食べませんでした。これは絶対におかしいのでよく見て見ると、尾びれが少し下がっていました。

弱っている‥。

他には何の異変も見つからなかったのですが、夜、見てみるとさらに尾びれが下がり、体色が薄くなっていました。同居のスカーレットジェムはいつもどおり元気そうで、これだけではどんな処置をすればいいのか決めようが無く、不安な気持ちで引き続き様子を見ていましたが、金曜日の朝になると、クラウンキリーは逆さになって浮いていました。
まだ生きていたので、効くかどうか分かりませんでしたが、グリンFゴールドを入れたプラケに移しました。塩を少し入れようか迷いましたが、とりあえず薬だけにしました。

私の「回復してほしい」という願いも空しく、その夜、クラウンキリーは逆さのままプラケの底に沈んでしまいました。
土曜日の朝にはヒレの動きもすべて止まり、よく見ると僅かに口だけが動いていて、まだ生きているのが分かる程度になってしまいました。

規定どおり薬を交換することと、マメに様子を見ることしかできず、何回見てもクラウンキリーは同じ状態のままで、もう時間の問題だと思いました。いっそ安楽死させた方が良いのではないかとか、いやいや、次に様子を見るときにはもう死んでしまっているだろうとか、もう意識が無くなっていて辛くはないのかもしれないとか、いろいろ考えました。

でも、やっぱり死なないで!がんばって回復して!

プラケの底に沈んで、一見もう死んでいるように見えるクラウンキリーに、私はそう願わずにはいられませんでした。

プラケの底に死んだように沈むこと7日、なんと昨日、クラウンキリーがヒレを動かし始めました。そして日中、少しずつ動くようになり、時々、逆さのまま泳ぐようになり、なんと夜には普通の姿勢に戻って水面にいることができるようになりました。

初心者の私にとっては奇跡的に思える嬉しい回復ぶりでしたが、ここでまた新たな心配が生まれました。
昨夜、いつもクラウンキリーが食べていた人工餌とブラインをあげてみたのですが、食べなかったのです。
もう1週間以上、何も食べていないのです。
私は小さなカメレオンのベビーに強制給餌したことがありますが、さすがに小型の熱帯魚にはとうていできそうにありません。金魚サイズならできるかもしれませんが。

餌で汚れた水を換える前に、爬虫類用のビタミンスプレー・カーボニアを少し水に混ぜて、5分ほどそのままにしてから水換したところ、少しだけしっかりしたようには見えますが、体色も薄く、まだ完治とはほど遠く思えます。
このまま固形物をなにも食べられないまま、クラウンキリーが餓死してしまいそうで、とても心配です


↓ ブログランキングで暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示