パーソンカメレオンの雄だから?



年末年始に気がついてから(もう少し前からおや?とは思っていたのですが)、週末や連休のときに意識して様子を見ているのですが、カイムは午前中・12~14時・15時~18時くらいの時間帯にふだんの居場所であるケージ左側の隠れ家ゾーンから出てきて、ケージ右端まで行ってしばらくそこにとどまってから、また隠れ家ゾーンに戻ります。
最初はお腹が空いているのかとも思いましたが、食事とは関係ありませんでした。

休みの日にそれとなく見ていると、1日3回きちんと同じ行動を取ります。
カイムが平日と週末を区別しているはずがないので、平日も同様なのではないかと推測しています。
するとこれはテリトリーの確認行動でしょうか?

爬虫類に限らず、自分の縄張りを持ち、迷い込んだ同種族を追い払う生き物はけっこう存在します。
パーソンカメレオンの雄の成体の中にはテリトリー意識の強い個体がいるそうで、カイムも間違いなくテリトリー意識を持っていますが、「パーソンカメレオンは1日数回テリトリーを巡回する」というのは、まだ(たまたま?)聞いたことがありません。

カイムの個性の成せる技なのか、はたまたカルンマ属の特徴なのか、経験不足の小間使いには分かりませんが、なんだか意外な気がして、休みの日になると時計とカイムの動きが気になる小間使いなのでした(笑)






パーソンカメレオン






↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

早く過ぎ去ってほしい時期の真っ只中





パーソンカメレオン






1月中旬から骨身に堪えるような寒さが続いているので、ちょっぴり心配な小間使いです。
2月いっぱいくらいまでの気候と、4月の花冷えが終わるまでの三寒四温がきついのは人間だけではありません。
特にカメレオンの場合は元々他のトカゲほど内臓が頑丈に丈夫にできているわけではないので(だからストレスで死んでしまったりする)、「見た目はなんともなさそうに元気そうに見えるけれど、実は体内に負担がかかっている」というケースがあります。
このことはたぶん何回かカメレオンを真剣に飼育していると、嫌でも薄々感じさせられるはずです。
ただ、本当は打撃は受けたけれど、後々復調して乗り越えてくれて、飼育者は「目も張り出ているし、ずっと元気だったよ~、気候なんか関係無いよ」と思ってしまうケースが潜在的に意外とあるのではないかと思います。

昨年大丈夫だったから今年も大丈夫とか、今年大丈夫だったから来年もきっと大丈夫とは限らない、また、この時期受けた負担を引きずって、復調できずに後になって大きく体調を崩していったりするのがカメレオン飼育の難しさの一つでもある(それが難しさのすべてではないのが辛いところですが)と思います。

気候が体に及ぼす影響、なんとかできるものなら、まず人間の医学が真っ先に人間の病人のために解決してくれているはずですよね。
良い環境作りと、あとは本人の持って生まれた生命力だと思います。

小間使い、ベストを尽くしますので、カイムさん、この冬もどうか無事に乗り切ってくださいね~。


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。



にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

レイアウトにもこだわりをお持ちです







パーソンカメレオン






いつものようにカイムのケージの観葉植物に霧吹きしていたとき、小間使いはふと思いました。
「ケージの一番左端の止まり木にアグラオネマの葉が被さってきていて、カイムの邪魔ではないかしら。ここはアグラオネマとドラセナを入れ替えた方がいいかもしれない。」と。

ちょうどカイムがケージの右側にいたので、2つの観葉植物の位置を入れ替えました。

前回の様に慎重に様子見するのかと思いきや、配置換えを終えて小間使いがケージから離れると、カイムはすぐにケージの左側に向かい始めました。慎重派のカイムのことですから移動途中のところに近づいてじーっと見たりすると、その場で静止して待機モードに入ってしまうかもしれないと考えた小間使いは、気を遣って少し間を置いてから遠慮がちに様子を伺いました。

すると、なんとカイムはケージの左側で黒い斑点を出して、機嫌の悪そうな目つきでキョロンキョロンしていました

ありゃ~、どうやら小間使いは余計なことをしてしまったようでした

もう消灯時間も迫っていたので、ここでガサゴソと配置を戻してカイムを刺激してはさらに機嫌を損ねてしまうのではないかと思い、「そのままそ~っとしておいたら、なんとか気を取り直してくれないかしら?」と儚い期待を抱きましたが、カイムの様子は変わらないまま消灯時間になり、タイマーで照明が消えてしまいました
その結果、さらに黒い色が増えたカイムは向きを変えそうな気配に。

あの~、カイムさん、この状況で向きを変えるということは、「ぼくとにかくいやな気分なんです」ゾーンに行かれるんですよね?

ということは、カイムさんは既にこれ以上無いくらい気分を害していらっしゃるわけなので、こうなったらもう、ここでさらにガサゴソしてみてもいいか~と開き直った小間使いは、即座に観葉植物の配置を元に戻して一旦離れました(^^;

3分と経たないうちにこっそり戻って様子を見てみると、あ~ら不思議、カイムさん、いつもどおりの色に戻って尻尾を巻いて寝支度をしているではありませんか。

ホッ、なにはともあれ良かった~


以前だったら配置を戻しても許してもらえなくて、そのまま「ぼくとにかくいやな気分なんです」ゾーンに行って寝て、翌朝超不機嫌な目つきで小間使いを睨んだと思うのですが、やっぱりカイムさん、大人になってきたのですね~

それから「隠れ場所」ゾーンはうっとうしいくらいがいいのですね。

こうして今日も小間使いはカイムさんに学ばせていただいたのでした。


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

ケージの扉は開けておいてくれよ




パーソンカメレオン








昨年、ケージを広いものに変えて、カイムが新しい環境に慣れたころから、私が家にいる時間帯はカイムのケージの扉を45度くらい(カイムは気にし屋さんなので、全開だと落ち着かないかもしれないので)開けておくようにしてみています。夜中も一晩中開けたままです。

最初はカイムが好きなように部屋に出入りして少し運動になるようにと思って始めました。しかしカイムは今日に至るまで、一度も自分からケージの外に出て来ません
でも、このことから徐々に気づいたことが幾つかあるので、それについて記録しておこうと思います。

カイムは黒くて大きめの小間使いのカメラを突きつけられるのが好きではないので、写真を撮り始めるとすぐに黒い色が出てくるのですが、以前はカメラを持っていない状態の小間使いと目が合っても、厳しい目つきになって黒い色が出て、隠れてしまうことが多くありました。
大昔、パーソンカメレオンは「人間と目が合っただけで死ぬ」とまで真面目に囁かれていた(本気で言う人が多かった)種類です。さすがにそんなはずはなく、真実は、当時はたいてい輸入状態がひどく悪く立ち上げに困難を極めた上に、パーソンカメレオンは低めの温度帯に生息していることを誰も知らなかったこと、そしてパーソンカメレオンの雄は個体によってはかなり神経質な面があったからではないかと思います。
小間使いは主にそんな時代にカメレオンを飼育していたので、初めてのパーソンカメレオンであるカイムも神経質な個体で、人間にあまり見られたくないのだろうとずっと思い込んでいました。

しかし、今ではカイムはちょっとやそっと小間使いに見られても平気ですし、日光浴の時は一緒にいてくれと言います(笑)
その変化がどうして起こったのか…、きっかけはカイムがアダルトまで成長したこと(現在も少しずつ大きくなっていますが、子供から大人への急激な成長は終わったので、以前より微妙に考えも回るようになってきました←笑)と、たまたまそのタイミングでケージを広くして扉を少し開けるようにしたことから始まっていったような気がしています。

一般的に、パーソンカメレオンの雄は成長につれて強いテリトリー意識を持つようになっていくと言われていますが、カイムの場合、「自分が人間より優位に立ちたい」という意識がとても強いので、今までは「人間にケージに閉じ込められている」という感覚だったのが、ケージが広くなって内部も植物が増えて居心地が良くなった(だから汚したくなくてケージ内で用を足さなくなりました)と感じているところに扉が開くようになって、「閉じ込められている」感覚が無くなり、ケージ内を「自分を閉じ込めている牢屋」ではなく自分のテリトリーとして認めてくれるようになったような気がします。

その頃からカイムが1日3回くらいテリトリー(ケージ)内を巡回するようになったのも、上記の事実を裏付けているように思えます。
「閉じ込められている」感がないので、常に小間使いを厳しい目つきで睨むこともなくなりました

ではなぜ小間使い在宅時限定で良いのかというと、カイム的には小間使いがいないときにケージの扉が開いていると、犬が飛び込んできて襲いかかるかもしれないので、危険だからなのではないかと思います(笑)
以前、うちの犬が犬ガムを食べているところを目撃して、ギョッとして隠れましたからね~。
デリケートで気にし屋さんなら、命に対する危険性は当然気にすると思います。
小間使いがいないとき、カイムにとってケージの扉はたぶん犬の進入防止柵になるのです。

これが幼いうちから部屋に出してもらうことに慣れていて、本人もおおらかな個体だとケージの扉がどうのなんて考える必要もないのでしょうけれど、カイムはうちに来て最初の1年は環境に馴染むのと体調を崩したりしたのとで部屋に出すどころではなく、本人も初めから保守的で出たがらない子でしたから、小間使いも扉一つにしても考えないとならないわけなのです。

少しでもカイムさんに快適に暮らしていただけるように







パーソンカメレオン







↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

パエリアで機嫌を損ねる



昨日の朝、カイムは早々と「僕とにかくいやな気分なんです」ゾーンにいました
小間使いは朝一番にもうドキドキに…

な、なぜ?
どうしてカイムさんは朝っぱらからそこにいらっしゃるのでしょうか~?

カイムの様子、問題なし。
ケージ内の様子、問題なし。

ええ?原因が無いのにその場所に?

いやいや、絶対に何かあるはず。
何もないのにカイムさんが不愉快な気分のときにすっこむゾーンに行くわけがありません。
しかもツノが壁側にくっつかんばかりになっていらっしゃるから、絶対に何か気分を害しているはず…。

しかしカイムさんの様子にもケージの様子にも思い当たるような異常は見られず、怪訝な気持ちのまま、加湿器に水を足すためにケージの扉を開けようとして、ハッとしました。

カイムのケージの扉のすぐ外に、昨夜デリバリーで頼んで半分食べたパエリアの残りを置いていたのでした…。

7年ぶりの大雪の日、小間使いは夕食をデリバリーで頼もうと試みたものの、配達不可でした。そのとき食べたいと思ったのがパエリアでした。実は小間使いはボンビーなくせにサフランの風味が大好きなのですが、外食ではたいてい2人前からのオーダーなので、なかなか機会がありません。そこでこの機会に、パエリアのデリバリーを頼んでみようと思ったのでした。
雪の日には頼めなかったものの、久しぶりに思い出してどうしても食べたくなってしまい、昨夜注文したものの、やはり2人前からだったので食べきれませんでした。
大雑把にできている小間使いは残った分をデリバリー用の大きな容器のまま、とりあえずそのまま置いておける広いスペース、つまりカイムのケージの扉の真ん前にくっつけるようにして置いて寝たのでした。

考えてみると、カイムは一晩中魚介のパエリアの香りを嗅がされたわけですね~(^^;
え?そんなことで気分を害するのでいらっしゃいますか?
えっと、カイムさんは人間ではなくてカメレオンでいらっしゃいますよね?
カメレオンさんがケージにこもった料理の匂いを気にされるのですか?

う~む、そういえば「蒸しトマト事件」でも、なにやら蒸されたトマトの匂いを気にされていたような~。
他のカメレオンでは、こんなことはなかったのですけれどね。
そういえば、カメレオンのケージのすぐ外側に食べ物を置いたことも無かったっけ( ̄∇ ̄*)ゞ

半信半疑ながらパエリアの容器を名ばかりのキッチンに持っていった小間使い。
カイムは夜までしぶとく機嫌が悪かったようですが、消灯時間にようやく気を取り直してくれたのか、それとも小間使いにお尻を押されて移動するのが嫌だったのか、もそもそと定位置の寝場所に移動し、いつもの色に戻りました。

ええっと…、いずれにせよカイムさんはやはりすごく神経質とてもデリケートでいらっしゃるわけなんですね
蒸しトマトの次はパエリアでカイムの機嫌を損ねたらしい、懲りない小間使いなのでした(^-^;






パーソンカメレオン






↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

爆弾低気圧でも、ぼくはへっちゃらさ~








パーソンカメレオン







昨日は関東では7年ぶりの大雪となりました。
個人的な経験では、急激な低気圧の発達は人間の病人にダメージを与える場合があるのと同様に、弱っているカメレオンにも致命的なダメージになる場合があると感じます。

カイムは一見調子が良さそうに見えますが実際のところはどうなのか、昨日は慎重にカイムの様子を見守りましたが、いつもどおりの色・行動パターン・食欲で、これといった変化は見られず、小心者の小間使いはとてもホッとしました

昔は飼育困難種と言われたパーソンカメレオンですが、CBの場合、一度しっかり安定させてあげることができると、大型で体力がある分、良い状態を保っていやすいというか、底力がある感じがします。
などと安心していると原因不明で突然死することもあるので、常に気は抜けませんが。

それでもやはり小型種よりも中・大型種、また、もともと天候が激変しやすい山系や高地の森林系の方が日本の冬に強い気がします。

一方小間使いの方はというと、昨日の朝、窓から外の様子を眺めてすぐに「今夜の夕食はデリバリーを頼もう」と決め込んで家から一歩も出なかったのですが、夕方調べてみると、雪のためにどこも配達地域縮小か配達休止でした
降り続く雪にマンションから歩いて30秒かからないコンビ二に行こうという気分にすらなれなかったのと、考えが甘くたまたまたいした買い置きもしていなかったために朝食のような夕食になってしまい、しかも今日もまだ体調にダメージが残っているというへなちょこぶり

カイムに「使えない小間使いだなぁ」なんて言われないように、もっとしっかりしないとですね



↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

慎重なお方








パーソンカメレオン







ネットで購入した観葉植物が届いたので、さっそくアグラオネマ・スノーホワイトを気になっていたスペースに配置してみました。
上のなんとなく寂しい空間が↓







パーソンカメレオン







白い茎の植物がアグラオネマ・スノーホワイトです。
神経質なデリケートなカイムがビビらないようにストレスにならないように、部屋にカイムを出してから配置しようと思っていたのですが、ケージを見るとちょうどカイムが右側に寄っていたので、そのまま扉を開けてアグラオネマの鉢を入れ、他の鉢も多少配置変えしたりしました。
その間真っ黒になることもなく、小間使いがせっせと鉢を動かすところをチラチラ見ていたはずなのですが、レイアウト変更完了後のカイムは…







パーソンカメレオン







いつまで経っても目だけ動かしてケージの中を眺めるばかり
これがパンサーカメレオンだったりすると、まだ変更途中のうちから興味津々という感じで作業している手元を通って新しい配置の確認に行ったりするのでとても張り合いがあるのですが、カイムは…







パーソンカメレオン








就寝時刻になってもまだケージの右側にいていつもの寝場所(新しいアグラオネマの所を通り越した左側)へ行く様子も無く…







パーソンカメレオン







夜間はケージ右側の方が少し温度が下がるので、いつもの場所に移動して眠ってもらうために、小間使いがカイムのお尻をウリウリ押して歩かせ、のそのそと時間をかけて重い足取りで寝場所までずっと押されて歩かされたのでした
寝場所に行ってみたら安心できたのか、その後は良い色になって眠りました。


あの~、カイムさん、ケージの中ってそんなに危ないんですか~?(苦笑)


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

セールの街で








ブーツ








今夜は久しぶりに日記のカテゴリの更新と、パーソンカメレオンのカテゴリの2本立てです。
カイムとうちの犬にかける手間と愛情は惜しまずに、お金も必要なことはできるだけ惜しまずに、でも、自分自身に関する物は惜しみまくり、節約しまくりの小間使い

そんな質素な日々を送る小間使いでも、衣料品を新しく買わなければならないときがあります。
そう、それは今まで使っていたものが使用に耐えなくなったとき(^^;

今年は数年越しで無理やりもたせていたブーツがとうとう人前に出られないくらいになったので、新春セールの街に繰り出して渋々購入。やれやれと思っていた矢先に、なんとバッグが破損

再びまだ行われていたセールであちこちウロウロ…。そのとき、私の好みにピッタリのバッグが!
ああ、いけない、もっとお上品なデザインのものにしなければ…。
どう見ても若向きだし、もっと年相応の物にしなければ…。
でもブーツとイメージがピッタリ。私の服の好み(一応20代・30代のみならず、40~60代層にも幅広く人気の服なのですが、イベントでお会いしてぶっ飛ばれた方も多いかと…)にもピッタリ!
葛藤しつつ他のセール会場を渡り歩くこと1時間、結局、そのバッグを買ってしまいました、( ̄∇ ̄*)ゞ







バッグ








ちなみに、下がっているのは昔購入したペンダントで(ピッタリ!←笑)、チョウチョは金色に紫だったのですが、家に帰ってから自分で黒に塗り替えました。
うん、黒の方がいいです(笑)


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

観葉植物の購入








ストロマンテ・トリオスター








この写真は数ヶ月前のものですが、ここに判りやすく写っている裏の赤い細長い葉の観葉植物ストロマンテ・トリオスターの葉がだいぶ枯れてきてしまいました。
ストロマンテは色がきれいなので好きなのですが、どうも私には管理が難しいです







パーソンカメレオン







葉の数が減り、大きな葉もなくなってきたので、緑色をした最高最低温度計左側の空間の壁側がかなり目立つようになってしまいました。
たぶん温度と湿度と光と食事と水がきちんとしていれば、とりあえず生きてはいけると思います。でも、うちにいるのは金属と電子回路でできているロボットでもおもちゃでもなく、喜怒哀楽の感情を持った生き物です。
カイムは自然界の森を知りませんが、個体としてデリケートな性格だけに、緑はなるべく多くしてあげたい!

今はあまり観葉植物の環境を大きく変える時期ではありませんが、気になっていたところにネット通販の花屋さんからセールのメールが届いたので、思わず注文してしまいました(^^;
比較的丈夫であろうと思えるドラセナとアグラオネマ、それと、いずれもう1鉢増やそうと思っていたポトス。金曜日に届く予定です。

観葉植物の場合はホームセンターで買うのが一番お得ですが、さすがにこの時期はあまり置いていなくて、昨年末に行ったものの、手ごろなサイズの物はありませんでした。
今回はセールなのでそこそこお買い得で、しかもドラセナだけで送料無料でしたが、3鉢買うと総額がそれなりに…
今度はなんとかもたせなくっちゃ


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

クーリングはしないけれど、冬は作る






パーソンカメレオン







3歳を過ぎてヤングからアダルトになったカイムが過ごすこの冬。
どうやら日中の最高気温21度以下、夜間最低気温16度以下(夜半の数時間)だと、カイムはいわゆる「クーリング」状態に入っていきそうな低代謝な様子になります。
クーリングした場合、クーリング明けの春はパーソンカメレオンにとって繁殖シーズンです。そのとき、カイムは子孫を残したいのにお嫁さんがいなかったとしたら…

諸般の事情により、私はパーソンカメレオンの繁殖に挑戦しようとは考えていないので、この温度を一つの目安として、現在は日中22度、夜間最低気温17度(数時間)にしています。上記とそれぞれたった1度の温度差ですが、それだけでカイムの体は「うつらうつらしながら過ごす、目覚めてはいるけれど冬眠のような状態」にはなりません。
夏場のような旺盛な食欲やそれなりの活動と比べると食欲も代謝も下がり、屋外の自然の季節の変化に合わせたカイムの冬です。

カイムと同じ部屋で過ごすこれからの冬の夜は、小間使いにとってはちょっと寒いけれど、なるべくクーリングギリギリの線で冬を作るから、うんと長生きしてね、カイム




↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

紙に書いてケージに貼っておきなさい

お正月にうちの犬と一緒に母のところに行ってきました。
そのとき、カイムの近況も話したのですが、調子に乗った小間使いはあんなことこんなことそんなこと、その他諸々を母にチクりまくりました

母は驚いたり、「へぇ~、カイムは変わってるねぇ」(母も十年以上、私の放し飼いのいろいろなカメレオンたちと暮らしました)などと相槌を打ちながら聞いていましたが、私が長い告げ口を終えてすっきりしていると、おもむろに言いました。

「紙に “ とてもバカ ” と大きく書いて、ケージの上の方に貼っておきなさい。そうすれば、何かあってもいちいち腹は立たない。」




パーソンカメレオン




う~ん、いかにも母らしいお言葉
そして悔やんだはずなのに、なぜかパンチを食らったような気分の小間使い
なぜか、「ブログを見てくださる方に、イケメンって言ってもらえるのよ」とか、「謝ると男らしくすぐに許してくれるのよ」とか、口を付いて出る言い訳(笑)
しまいには、「いや、なんかカメレオン特有の感性の鋭さはちゃんとあるみたいよ、たぶん…」と、“とてもバカ”を弱気に否定しようとしてみたりして(^^;

そのうち母も、笑いながら「色がきれいだからいいじゃない(他に良いところはないけれどという感じで←汗)」とか、「頭のいいカメレオンだったら、ストレスで長生きできない。バカで良かったじゃないの。」と、慰めて(?)くれました(T-T)

たとえば犬について、犬種のスタンダードな特徴の中に「利口」と謳われる種類、また、その逆のことが指摘される種類が存在し、さらには同じ犬種の中でも個体差があるというのと同じように、確かにカメレオンにも頭の良し悪しはあると思います(種類による違いを指摘できるほど多種は飼いませんでしたが)。

パーソンカメレオンについては私はカイムしか知りませんが、なんといってもカイムに関しては、3歳を過ぎた頃から見落としそうなくらいごく僅かずつ、以前よりは微妙にそれなりに考えるようになって来ている気がしているのです

カイムはカイムなりに、きっとこれからも考え深くなっていくはず!( ̄∇ ̄*)ゞ
もしそうならなかったら、小間使いの方でもっともっとカイムへの対応になれていきますから

なんだかんだ言っても、やっぱり小間使いはカイムのことが大好きなのだなぁと改めて強く感じたお正月なのでした。


 ↓ カイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

 にほんブログ村           FC2ランキング

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

元旦 開ウン








パーソンカメレオン








明けましておめでとうございます。
このブログを訪れて下さる方、すべての飼育生物とその飼育者さんにとって、良い年となりますように!

さて、我が家では晴れ渡った空の下でおカイム様の初日光浴を済ませ、その後、めでたく開運(快ウン)の行事もとり行われました
これで今年はきっと運がつくに違いないと心密かに信じている小間使いなのでございます( ̄∇ ̄*)


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示