ケージのバージョンアップ完了



今朝は天気が悪かったので、2度寝してとんでもなく遅く起きた小間使い。
ブランチを済ませて、午後からカイムのケージの拡張に着手しました。

まず、側面に取り付けるプラダンをハンドソーでカット。それから恭しくカイムにケージから出ていただき、ケージの前面部分をそっくりそのまま取り外しました。
次に、ケージ内の止まり木の白いパテの部分にうちにあったアクリルガッシュを塗り、乾かしている間にケージ内の観葉植物2鉢を植え替えました。予想通り根が回っていました。しかし予想外にアグラオネマの葉の根元が弱く、植え替え中に何本かパキッと怪しい音が…。せっかく立派な株だったのに、明日の朝にはしょぼくれた状態になっていそうです

それからケージのサイドに新しい網を足して手前へと拡張し、続いて天井側を拡張、ライトなどの配置を直しました。

新しい止まり木の位置をああでもない、こうでもないとやっているうちに気づくと既に夕方に。高見の見物を決め込んでいたカイムも待ちくたびれたような様子…、でもちょっとコーヒーブレイクする小間使い








パーソンカメレオンのカイム






それから止まり木を配置し、プラダンを取り付け、予備のドラセナもざっと配置して、のんびりブログ用の写真なんか撮っている小間使い(^^;






カイムのケージアップグレード






撮影後、前面部分をケージに戻して取り付け、高さの調節をしながら観葉植物をレイアウト。取り出してあった加湿器を戻したり、最高最低温度計の位置を変えたりしているうちに、タイマーでケージのライトが消えました
「あら、もうこんな時間」と言いながら、最後に配置の微調整をして、やっとうんざりしている(?)カイムにお戻りいただいたのでした。

遅くなってごめんね~、カイム。
120×90×90のケージのレイアウトはすんなり気に入ってもらえるでしょうか?
それともカイムは「とにかくぼくいやなんです」ゾーンに行ってしまうのでしょうか?
って、あのゾーンも少し変えましたけど~( ̄∇ ̄*)

明日のカイムの様子が楽しみなような心配なような複雑な心境で、グッタリ疲れてぼ~っとなりながら朝食のような簡単な夕食を済ませた小間使いなのでした。


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

ケージ用の新しい止まり木の準備


来週半ばくらいまで天気が悪そうなので、木曜日の朝の陽射しに期待をかけていたのですが、残念ながら日がさしたのは午後からでした。

新しい止まり木はガサガサしている部分をやすりで滑らかにして、大き目の枝を払った部分にはささくれ防止にパテを盛りました。
今回はパテが少しでも目立たないように、白くなった部分にアクリル・ガッシュという耐水性の絵の具を塗ってみようと思います。

その作業が済んだら、いよいよケージの拡張です
小間使い、この週末はがんばらなくっちゃ!







パーソンカメレオンのカイム







↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

またまたカイムと一緒にダイエット



私はカイムの食事の量について、カイムの体型を見ながら基本的なコオロギの数を決めています。
私の場合はカメレオンはプリプリより、スマートな方が健康を保ちやすいと考えているので、与えすぎないように気をつけているつもりでした…が…、いつの間にかカイムがプリプリに






パーソンカメレオンのカイム






実は自分で「体型を見ながら」と言いながら、「パーソンカメレオンは大型種だし、カイムも大きくなってきたので、食事量もそれに見合うように少し増やしてみた方がよくはないだろうか?」などと考えて実行してみて、やはり今までどおり体型重視で食事量を決めた方が良いという結果となりました

ちょっと考えすぎでしたね~
小間使い自身も最近自分に甘くなり過ぎていたので、その結果が体型に…(^^;

カイム、ごめんね~、しばらく一緒にダイエットしましょうね。


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

ケージの奥行き拡張準備



カイムのケージの奥行き拡張準備を進めています。

観葉植物は枯れたりしたときのために予備に購入しておいたドラセナを使用予定。1鉢に2本植えられていたので、1本ずつ2つの鉢に植え替えました。
手前へと拡張する側面に取り付ける緑色のプラダンも購入しました
枯れ枝も用意したので、明日一度ざっと洗って乾かし、明後日、鋭利な部分をヤスリで滑らかにしてもう一度丁寧に洗って干す予定です。乾いた後、ささくれてきそうな断面があればパテで固めようと思います。

カイムが気に入ってくれるといいなぁ




わっ!緑色のナメクジ!!







パーソンカメレオンのカイム






↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

「飼育される側」の立場で考える動物学者の本






パーソンカメレオンのカイム






気分転換も兼ねて軽い気持ちでいろいろググっていたら、「動物感覚 アニマル・マインドを読み解く」という本がヒットしました。2006年に邦訳された、犬や家畜などの動物や鳥などの側から見た動物の気持ちについて動物学者が綴った本というので、どんな感じなのかアマゾンでレビューを見てみました。

著者はサヴァン自閉症(何か一つの分野において天才的な能力を持っている人が多いことで知られるタイプの自閉症)で動物学者の女性で、子供の頃から様々な生き物(残念ながら爬虫類は含まれていない模様です)と接してきて、動物の視点に立って考えた彼らの気持について書いた本で、その後、「動物が幸せを感じるとき 新しい動物行動学で分かるアニマル・マインド」という本も邦訳されています。

前者には「人は自分の見たいものだけ見ている、見ているようで見ていない」「動物は全体を見ている」といった感じの内容がいろいろな事例で示されており、後者はもっと範囲を広げて動物園の動物や野生動物を含め、現場での観察を重ねた上で動物行動学の立場から、人が動物の側に立って見たり感じたりすること、生き物への接し方、また、畜産業界の家畜の扱いなどについて書かれているようです。

本も映画も商品もレビューは参考になりますが、レビューに書かれているのと自分が商品を購入した結果が同じ感想であるとは限りません。とは言っても、ここまで書いておきながらハードカバーのこれらの本を購入するかどうかはちょっと微妙な感じです
というのも、別にこれらの本を読んで感想を書きたいわけではなく、タイトルを読んで内容を知りたいと思ったのは、自分にとって役に立ちそうな本かどうかを知りたかったからです。もっと具体的に言うと、「カイムを飼育していく上で、今までとは違う視点・発想を学ぶことにより、それが実際に役に立つかどうか」。

動物学者の専門的なものとは比べ物になりませんが、日々現場にいますし(笑)、地道な飼育・観察は継続中。それは生き物の飼育の基本であり、爬虫類の多くの種類の場合は特に、飼育はそれに尽きるといってもいいぐらいですものね。

自覚を持ってきちんと飼育管理に努めているなら、後は健康的に長生きしてくれるように努力すればそれで十分だろうというとそうでもなく、そこに「可能な範囲でできるだけ快適に」という言葉を私の場合は付け加えたいのです。狭いマンションの部屋の中ではどうしてもかなり限られてしまいますが、だからこそ、逆に少しでもカイムが快適でいられるようにがんばり続けたい。
そのために、凡人の脳ではありますが、私もカイムの側に立って考えることを忘れないように既に努めてきています。

こんな時期に夜間冷房を入れて温度を下げたり(ちなみに今日も21時になっても22度だったので、冷房を入れました)、パエリアの匂いでカイムが明らかに機嫌を悪くしたので、それからは料理の匂いに気を遣っていますし、他人様から見たらバカバカしいペットバカくらいにしか見えないことを真剣に行い、必要なら振り返って「何が起きた時にどうした」のか再度考察できるように、ブログに記録までしています。

それはカイムの快・不快の表れを捉えて、そこから飼育される側に立ってみて、なるべく不快を減らして快(快適)を多くしたいという考えに基づいてのことです。

もっとも、ブログで学校に提出する観察日記みたいな文章で四角四面に記録していっても、それでは自分自身がつまらないので、必要な事実の部分はそのまま書きますが文章そのものはふざけまくって書いていますし、特に画像は「カイムdeキャラクターごっこ」という項目を作って、このコーナーの画像の中だけにしか存在しないカイムのキャラクターを作り上げるのが私の大きな楽しみになっていますけれど。

キャラクターのカイムくらい思考してくれたら張り合いがあるのですが、当たり前のことながら現実のカイムは極めて単純な(原始的な?)感情で生きています。でも、単純だったらどうでもいいか~という問題ではありません。自分でうちに迎えた大切な一つの命ですから、尊重したいと思っています。


話を戻しますが、レビューで数人の方が書かれているように、結局は「誰よりも動物の側に近い視点に立てる人間の考え」であり、実際には「動物の側に立ったつもり」。まさにそのとおりだろうと思います。
カイムはカメレオンなので不快なことは行動だけでなく色に表れるため、「人間にとってはなんともなく思えても、カイムにとっては不快に感じることが起きているらしい」という信号を受け取ることができます。でも、私にとってはどこがまずいのか分からないので、一度「カイムの側に立ったつもり」になって原因を究明し、同じことを繰り返さないようにしなければなりません。
ありがたいことに「問題発生」とカイムが教えてくれるので…、この本をわざわざ買って読まなくても良さそうですね

本を購入するかどうかについて考えていたら夜が更けてしまったので、とりあえず現時点ではこのような理由により必要なさそうだと書き残しておきます(^^;


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

踏み台効果



踏み台を使うようになってから、カイムのケージ内の手入れが驚くほど楽になりました。
当たり前ですが、やはりキャスター付きの椅子の上に乗ってバランスを取りながらでは、そのこと自体が作業の効率を悪くしていたわけですね

相変わらず前のめりにならないと手が届きませんが、以前よりスムーズににケージの奥まで手を伸ばせるようになったとたん、小間使いの頭をチラチラとある言葉がかすめるようになりました。

それは「カイムのケージの奥行き拡張計画」

本当は横幅を広げてあげたいのですが、そうなると現在ケージの横に並んでいるパソコンデスクを置くスペースが取れません
でも、奥行きなら踏み台のおかげで本来の90㎝にすることが可能そうです
予備の枝が無いので、まずは枯れ枝を用意して洗って乾かして…、へなちょこな小間使いにとってはけっこう大変なので、少しずつ準備していきたいと思います。



鳥さんみたいなカイム ↓








パーソンカメレオンのカイム






↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

今年初の冷房



このところタイマーで夕方エアコンを切り、夜明けに暖房が入るように設定しています。
今夜は20時を回ってもケージの中が21度あったので窓を開けてみましたが、2時間経っても1度しか下がっていません。
パーソンカメレオン・アダルトのカイムにとって20度は夜間温度としては高すぎますし、ここしばらくは19度とやや高めの夜間温度を自然に保つ日々が続いていたので、そこへもって20度では健康的とは言えないかもしれません。
1年や2年ではなく「長期飼育」を考えるなら、やはり夜間温度はきちんと気をつけないと、小間使いの場合、「1日くらいいいか~。」などと思っていると、いつの間にかどんどん自分に甘くなってしまうのです
ここはひとつ、パーソンカメレオンという生き物の長期飼育とカイムの身体のために、自分に気合を入れるとしましょう。カメレオンの飼育は小さなことも怠らないその積み重ねが大事だと信じて。

今の感じでは夜間も夜明け前の一番温度が下がる時刻まではあまり温度が下がりそうも無いので、今年初の冷房を入れてとりあえず18度に下げようと思います。


追記

私が飼育しているのはパンサーカメレオンではありません。
また、パーソンカメレオンの飼育温度につきましては推奨しているつもりはありませんので、お間違えなきようお願いいたします。
と言いますか、一般的には「こんな温度、やってられないよ~」ですよね、それでよろしいのではないでしょうか(笑)

私個人(非推奨)の飼育理念はこちら



にゅ~~っ 筋トレに目覚めたカイム…なんてね








パーソンカメレオンのカイム







パーソンカメレオンのカイム







↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

段差







Calluma Parsonii








今日は1日中強風が続いていて、窓を開けて日光浴することができませんでした。
代わりに運動を兼ねた室内散歩(?)をカイムにしてもらいました。
とはいっても、カイムにとっては自分の生活空間がテリトリーなので、生活空間から離れたこの場所はテリトリーには含まれないようで「テリトリー外に出るのは日光浴で出るのは仕方が無いと思っているけれど、それ以外は好きではない」というのがカイムの感じるところのようですが
なんといっても、ケージの扉が半開きになっていても、そこから出ようとはなさらないお方ですからね~(^^;

小間使いは正直なところ決して思慮深くない人間なのですが、それでも、カイムの神経を刺激しないように気をつけながら様子をこまめに観察し、異常が無ければ現状に満足!…ではなく、「もっと良い工夫ができないだろうか」となるべく考えるように努力しています。
しょっちゅう創意工夫のアイデアが浮かんでくるほど優れた脳ではないのですが、今日は「もっと腹筋を使うとか、ふだんあまり使わない筋肉を使う足しにならないだろうか?」という考えが湧いてきて、カイムの室内散歩の通り道にわざと大きめの段差を設けてみました







パーソンカメレオンのカイム






まあ本当に良い工夫なのかは別として、自然界は通りやすいルートばかりで構成されているわけでは無いですから(むしろどちらかといえばその逆でしょう)、当分このままでいこうと思います。

通りやすいといえば、使用している枝の太さはケージ内のものも含め、どう考えても太すぎるのですけれどね
本当は枝の直径はカメレオンが掴んで余らない程度-指が重なるようなら細すぎ、枝の太さが余りすぎるようなら太すぎ-なのですが、これだけ長さがあると均一の太さに加工された木は売っていないですし、自然の木だと幹に近い方は太く、先に行くに連れ細くなっていきますが、家に持ち帰れる範囲にそんなにちょうどいい長さ・太さの枯れ枝など無いので、致し方ありません。
枯れ枝を削って使って、ある日折れて怪我でもされたら不安なので、枝に関しても自然界風ということにしておきます( ̄∇ ̄*)ゞ


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

踏み台を購入しました








踏み台正面から







木曜日の夜ネットでスツール・椅子・踏み台を調べてみましたが、まあまあな感じのものは○万円だったり、お手ごろな価格のものは売り切れていたりで購入できず、金曜日の仕事帰りにLOFTやフランフランなどを見て回りました。フランフラン以外のインテリア雑貨店やLOFTでは、どこに行ってもネットで見た商品ばかりでした。
有名なブランドやインテリアショップのオリジナルのような高価なもの以外は、みんなで同じ数種類の中から選ぶことになるのですね

それでも、ネットで見てまあいいかなと思った売り切れの商品をいくつか発見して、喜んで確認してみると見た目か機能性のどちらかが今ひとつな感じだったりして、実物を見てみるというのはやはり大事なことだと感じました。

結局、これといったものは無かったので、価格と安定感を重視して妥協し、ありふれた踏み台を購入して持ち帰りました。送料分得した気分です





踏み台横から








↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

失われた画像ファイルとズッデーン







パーソンカメレオンのカイム







週末カメラからPCへと移しておいたカイムの画像とブログ用サイズに変えた画像をDVD-RWに保存しようとして、一瞬茫然自失しました。
昨年夏からコツコツ保存してきた画像がすべて消え、DVD-RWの記録容量が0バイトに戻っていたのです

うわ~、ショック!!

パソコン内にカメラから移しただけの画像は残してあったのですが、一度ブログに使用したものはゴミ箱で消去していたので失われてしまいました
なぜパソコン内に残しておかなかったのかというと、以前、パソコンが故障してデータが失われ、CD-RWに残しておいた記録だけが残ったことがるのと、外付けハードディスクとDVD-RWに記録していたら外付けハードディスクが壊れてDVD-RWの記録だけが残ったことがあるからです。
まさかエラー(?)で初期化されてしまうとは…。

これからはDVD-RW2枚にコピーを取る方がいいかなと思いましたが、どうも今使っているパソコンとバッファローの記憶装置との相性があまり良くないのか以前の機種より書き込みに時間がかかる上に、複数のファイルを一度にドラッグするとエラーを起こすため1つずつドラッグしなければならず、さらに時間がかかってしまうので2つずつ保存するのは気が重いし

ネットのフォトアルバムに保管するという手もありますが、保管した画像を再び使おうとすれば画質が落ちるでしょうし…。

考えてみると、サーバーエラーでブログのアルバムの画像が飛んでしまうとかしない限り、DVD-RWに保存したカイムの画像を再び使うことはまず無いんですよね。ほとんど「安心感」という自己満足のために保存しているようなもので
もし私が死んだら、私のすべてのDVD-RWは親族にとって何の価値も無いので、処分されることは間違いないですし
…そこまで考えると、今までどおり1枚のDVD-RWに保存していくだけでいいかな~。

というわけで、本日の画像は2枚ともパソコンに眠ったままになっていた昨年のカイムの画像です(^^;






パーソンカメレオンのカイム







帰宅してカイムの様子を確認したとき、ケージの一番奥の隅の観葉の葉が1枚枯れて落ちそうになっていました。キャスター付きのいつもの椅子に乗ってとろうとしたら、あら?手が届きません。

もうちょっと…。
もうちょっと…。

夢中になって前のめりになった上半身に体重がかかり、バランスの悪くなった足が乗っていた椅子を後ろに押してしまいました。
その瞬間、キャスターで椅子が移動し、あっという間にズッデーンと椅子からすべり落ちてしまいました
右手と右腰を打って、痣ができました。
うちで踏み台代わりに使えるのはこの椅子のみなので、新ケージにしてからいつかはやるだろうと思っていましたが、やっぱり危ないですね

実家では組み立て式の室内用脚立を使用していましたが、組み立て式だと案外安定が悪いので、安定の良さそうなキャスターの無い椅子かスツールのようなものを探そうと思います。


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:日記 - ジャンル:日記

霧吹きの角度








パーソンカメレオンのカイム







似非クーリング中は身体に霧吹きされるのを嫌がったカイムですが、もう平気に戻りました。
食事量が戻ってからは遠慮がちにカイムの身体に横から霧吹きしていたのですが、その時は特にこれといった反応はありませんでした。
…いえ、小間使いときたら、短い似非クーリング期間中に加湿器+死に物狂いで観葉植物にマメに霧吹きしまくっている間に、すっかり忘れてしまっていたのです。

カイムは手を上に上げて、上のほうから下へ向けて霧吹きしないとピンとこないらしいというのを

カイムの様子を見ていると、「パーソンカメレオンは雨浴をする」というのがよく分かります。
上のほうから霧吹きしまくると、身体が膨らみ、少し体色が暗めになったカイムのボディの縦の筋がなんとなく白っぽく目立ってきます。身体全体で雨を受けるけれど、特にこの身体を縦に走る筋の溝で水分を皮膚から吸収するのだろうなぁという感じです
しばらく霧に濡れてから(もうこの時点で手はクタクタですが)、頭をつたい角の間から滴る水をゆっくりゆっくり飲み始めます。この頃には、黒い模様は出ているものの、とてもきれいに発色します。

ちなみに、毎朝霧吹きしてもよほど喉が渇いていない限り、カイムはこのパターンでひとしきり霧吹きの水を浴びてから水を飲みます。
たいていのカメレオンはスポイトを覚えてくれますが、カイムはスポイトから滴る水よりも小間使いの目線の高さとか、ケージ(ボクの大事なテリトリー)に手を突っ込まれていることの方が気になるので、スポイトよりケージ外からの霧の雨で水を飲む方がいいのだそうです

CBのパンサーカメレオンにはほとんど野性味が無いように思いますが、カイムを観察していると、「野生のパーソンカメレオンの雄はこんな感じなのかな」となんとなく思うことが多いです


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

似非クーリング、どうやら終了する






パーソンカメレオンのカイム







2月末の春を感じさせる暖かい日ぐらいから、似非クーリングで食事の間隔や量が少し(極端ではなく)減っていたカイムの食欲が戻ってきました。

うちではエアコンで室温ごとカイムのケージの温度を管理しているのですが、1月から、夜間はサーモとヒーターを併用して、カイムの寝ている場所が17度未満にならないようにしていました。


温度管理をして飼育していると、冬の日中、わりと毎日同じ温度になってしまうのですが、野生でクーリングしているパーソンカメレオンも、きっと少し暖かい日にやや代謝が上がって食欲が戻り食事すると思いますので、少し暖かくて身体が寒さで縮こまらないような日は日中のケージ内の気温を23度、夜間を18~19度、それ以外の陽気の日は22度/17度(数時間)にしてきました。

ここ4日間は毎朝ケージを見ると、「食べたい」顔でこちらを見ているカイムがいて(笑)、春~秋の通常量のコオロギを食べています。どうやら似非クーリングはそろそろ終了のようです。

パーソンカメレオンの性成熟は概ね3~5年、個体によっては中には1.5~2年という例もあるようで、野生の状態よりは栄養状態が良い飼育下の場合は5年もはかからないと思います。
2011年秋までのカイムは明らかにまだ成長途中の様相だったので、2011年冬から2012年春までの期間、あえて冬は作らずに(うちはもともと低めの温度設定ですが)、ふつうに食べてもらいました。
2012年初冬のカイムは大きさ・体型ともアダルトの域に達してきたように見えたので、初めて冬を作ってみました。
繁殖のスイッチは入らないようにしてみたつもりですが、はてさてこの春のカイムはどのような感じになるのでしょうか?
小間使いの企てが成功して、スイッチオフのままでいてくれるといいのですが


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

時は確実に流れていく








パーソンカメレオンのカイム








昨年の秋まではタイマーによるケージの照明の消灯時刻が過ぎても、エアコンの温度を下げてカイムの寝場所の外側に覆いをかけ、部屋の天井照明もリモコンで暗めにしないと、うっかりどちらかでも忘れようものなら23時でもパッチリ目を開けて起きていたカイム。

そんなカイムも3歳を過ぎ、今年に入ってから数回、うっかり夜8時近くまで部屋の中を夜モードにするのを忘れたことがあるのですが、ケージの中を見てみると、決まって眠そうに目をショボショボさせているようになりました
やはり3歳を過ぎてから、たまに写真のように頭部に白い色も出るようになりました。

カイムはまだまだ幼さの残る顔をしていますが、時は確実に流れているのですね。
小間使いが一生懸命がんばったら、カイムは何年生きていてくれるのかしら。
できれば、もうすぐ5歳になるうちの犬とは天寿が重ならないでほしいものですが…

その前に、そんなに長くそこそこ無事にいけるかの方が問題ですね。
これからも地道に日々の世話と観察を続けていきたいと思います


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知の上で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示