現在のハーマイオニー








パーソンカメレオンのハーマイオニー







動物病院に行ってから、もう20日が過ぎました。
今のハーマイオニーは怪しい素振りが収まり、食欲もほぼ回復しています。口の中の細菌(病院で調べて分かった範囲では炎症はありません。)用の抗生剤はまだ投与中ですが、どういうわけか「嫌なことをするヤツ」認定が解除されました‥( ̄ー ̄?)

通院後加湿器の修理が終わったのでケージ内の湿度を上げ、脱水ケアとして霧吹きの回数も増やし、雑菌が増えないように次亜のスプレーをマメに散布し、さらに一応無いよりはましかもしれないと、引越し以来お蔵入りしていたプラズマクラスターも引っ張り出してきて使用しています。

今日は久しぶりの晴れ間を利用して、短時間の日光浴&短い温浴も行いました。

投薬のときだけは口を開けたがらなくなったので、うちに来たときから少し外側にめくれていた口のサイドの部分から投薬しているせいか(この方法でケージから出さずに確実に飲ませることができるため)、その部分がちょっと目立つようになってしまいましたが、ハーマイオニーは今ではどう工夫してみても頑として口を開けないし、ちゃんと吸収されるように食事とは別に薬を与えなければならないので、やむを得ません

ケージから出すときに握力もしっかりしていましたし、このまま回復してくれればと願っています。



↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。



にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

途中経過 サーキュレーターも壊れる




投薬を始めて3日くらいは順調に薬を飲んでくれていたハーマイオニー。その後、少しずつ食欲が低下していき、食べない日も出てきました。抗生剤を投与し始めるとこのような個体も多いので、始めのうちは特に薬のせいか体調自体が悪化したためか分かりにくいので毎日ハラハラでした。
二足歩行の哺乳類も3日前まで数年ぶりにかなりヨレヨレになっていたので、天候不順が体調を崩しているハーマイオニーに大きな負担を与えていて回復しづらいのは確かだと考えています。まだまだ低気圧の通過や不安定な天候の変化が続きそうです‥。

6月15日 今まで見せたことの無い体色に変化。このまま全身が白とか黒に変わっていくのではないかとヒヤヒヤしましたが、数時間でふだんの色に戻りました。




パーソンカメレオンのハーマイオニー




湿度の方は高湿で保てているのですが、なんと今度は上下左右首振りのサーキュレーターが故障。室内の空気を循環できないとカイムとハーマイオニーのケージの温度差が大きくなって調整が難しいのですぐ修理に出しました。曇りや雨ならまだいいのですが、戻ってくる前に快晴で気温が一気に上昇すると、サーキュレーター無しでは28度以上になってしまう可能性があるので、新しいサーキュレーターも購入して、すぐにセットしました。

以前住んでいたマンションでは一年暮らしてみて、ここはカメレオンにも良い環境だと感じて飼育に踏み切りました。5年後の昨年、母の強い要望で現在の部屋に越しましたが、暮らしてみないと細かいことは分かりません。日光浴中の温度調整ができなくなってしまったり、エアコンは効きが悪いし、サーキュレーター、小型ファン、ガスファンヒーター、石油ファンヒーターetc、環境を整えるための出費も細々と増えているような‥


本日のハーマイオニー
二足歩行の哺乳類は投薬のために、ハーマイオニーから「嫌なことをするヤツ」認定されてしまいました
治療なんて理解できないので、仕方が無いですね~







パーソンカメレオンのハーマイオニー







↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。



にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

昨日と今日の記録








パーソンカメレオンのハーマイオニー







疲れ果てて、いろいろ考えようにも思考が停止しかかっているのですが、後で考察しなおす必要に迫られた場合のために、こういうときこそ記録だけでもつけておかないとですね。

以前、今回とは違う動物病院に行って、カイムに投薬したことがあるのですが、そのときはものすごく嫌がって、抗生剤を飲んだあと真っ黒になるわ、私を避けまくるわ、食べなくなるわで、投薬のストレスでカイムが死んでしまうのではないかと大変心配しました。
そのためハーマイオニーが投薬にどう反応するか心配でしたが、色は警戒色程度で、私を避けることも無く、今のところ食欲も落バッチリあり、ホッとしました。たぶん抗生剤の種類も違うのだと思います。

昨日は、前日の初めての通院でストレスを受けてはいるだろうと思いましたが、脱水の回復のために、ハーマイオニーを温浴させました。最初は驚いたようで、ハーマイオニーは私の腕によじ登ろうとしましたが、わりとすぐにおとなしくなり、いい色で15分くらい浸かっていました。
不幸中の幸いというか、ありがたいことに加湿器の修理が完了したので強にセットして風除けを少し調整し、今日はケージ内の湿度も80%前後になっています。

パーソンカメレオンは大型で最重量種ですが、カイムやハーマイオニーを観察していると、どうも陽気なパンサーカメレオンよりかなりシャイというのか、図体の割にデリケートな面があるように思えるので、加湿器が戻って高湿を保てるようになったこともあり、温浴を毎日行うのはさすがに今の段階ではストレスになってしまうかもしれないので避けて、次回は来週にしようと思います。

私自身が疲れ果てて考えが回らなくなりかけているので2次的な失敗が心配ですが、こればかりは今後のぐずついた天候も影響してくるはずなので自分でどうにもなりません。でも、ハーマイオニーは少しでも長生きしてくれるようにと願いながら意を決して迎えた子ですから、がんばって全力でケアしていこうと思います。

それにしてもカメレオンと暮らしているのに、うっかり自分自身に気をとられるとは‥。
「地道な日々の観察と考察」が私の飼育方法だというのに、一体何をやっていたんだ、自分
カメレオンと比べれば、人間なんてそう簡単には死なない。医療だって充実している。
リウマチ(子供の頃発病)は死にいたる病ではないのだから、起きてちゃんと観察しろ~、自分!



↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。



にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

動物病院に行ってきました








パーソンカメレオンのハーマイオニー








写真を撮り間に合わなかったので、やや古い画像を使用しています。
結論から書くと、「病気」には至らない状態でした。

6月7日の続きになります。
7日は落ち着きを取り戻したハーマイオニーですが、8日はまたケージから出ようもがいていました。
初めから環境に問題があって気に入ってもらえていなかったわけではないので、ハーマイオニーとケージの様子を観察しながら、再度考察しました。

5月に加湿器が故障して修理に出しているのですが、当初はそんなにかからずに戻ってくるだろうと思い、手動の霧吹きの回数を増やして、エアコンの風に乗ってミストがケージに降り注ぐはずの場所は一昨日一部だけ塞いで、あとはそのままにしてありました。
今思えばその頃から、ハーマイオニーはたまに口を開けることがありました。5月から天気の悪い日が多く、室内の湿度自体が高かったので、エアコンの風が当たってもなお湿度があるからと思ったのと、天気の悪い日々に比例して、今年はいつに無く私の気象病の症状が重くて寝込む日が多かったため、全身的な痛みで二足歩行の哺乳類の頭の働きもすっかり鈍っていたので、口を開けることについて様子見をなんと今まで続けていたことと、ミストがたっぷり降り注ぐはずの範囲が結果的にずっとただの送風状態になっていたことにようやく思い至り、これは一部ではなくこの範囲全体の方が良いかもと思い、全体に風除けをしました。

しかしハーマイオニーの様子は変わらず、これは検査を受けた方が良いと思い、予定を急調整して、今日、病院に行ってきました。
昨夜は自分自身の調子の悪さとハーマイオニーの心配で時間の経つのがとても長く感じられて、まるで自分が重病にかかったような気分でしたが、今日は自分の体調の悪さなんて吹っ飛んで、先月から気が回らなくなっていたことを山ほど後悔しながら病院にすっ飛んで行きました。

検査の結果、炎症は見当たらないけれど口の中の菌がやや多い、レントゲンで分かる範囲には異常が見当たらない、そして血液検査で軽い脱水状態であることが判明しました。
飲み水については、パーソンカメレオンは他の種類のカメレオンより多く水分を必要とするので、こればかりはどんなに自分の具合が悪くても注意を怠らなかったので、やはりミスト無しの送風状態と口を開けるとさらに乾きやすいことが悪循環に陥ったのと、5月からの天候不順等、複数の要因が重なったためだろうということでした。
風を防いだのにハーマイオニーが落ち着きを取り戻さなかったのは、体調の異変を感じているか、焦ってパニックになっていたかだと思います。
尿酸を作りにくくする薬10日分と、念のために抗生剤を飲ませることになりました。



今までずっと自分のことよりカメレオン優先で来たのに、今年は例年より格段に気象病の日が多く、5月はほとんどヨレヨレだったので、「今年はもしかすると持病が動き出すかもしれない、油断できない」と思い、つい自分自身に気をとられたとたんにこんな事態になってしまって、ハーマイオニーに申し訳ない気持ちで一杯です。
二足歩行の哺乳類は気持ちがすぐ顔に出るので、先生が「パーソンカメレオンをあのサイズ(うちに迎えて落ち着いたときに、一度チェックしてもらいに行っています)からここまで元気に育ててきたのはさすがですね。」と慰めてくださいましたが、それはおそらく関東圏の話でしょう。それに、ここまで育ててきておきながら、この結果ですし‥
まったく何をやってるんだろう、私‥。

投薬でハーマイオニーに嫌われそうな予感大ですが、自分が悪いので致し方ないですね。


最後に、私はことあるごとに「元気なときは跳ね返せるけれど、弱ったカメレオンは屋内にいても外気の気象の影響を受ける。」と、かれこれ20年ばかり言ってきているのですが、この話をすると、いつも「え~?そうかなぁ?」といった反応ばかりでした。
私の話の根拠は、私自身に子供の頃からの持病と気象病の症状があからです。弱ったカメレオンの様子を観察していると、私に気象病の症状が出ているとき、カメレオンの弱り方が比例して加速すると言いましょうか、自分の体調と比較できるので、カメレオンが気象からダメージを受けているのが分かりやすいのです。

今まで説得力が無かった私の説ですが、今回、先生が「恒温動物でも外気の気象の影響を受けるので、(その中でも)人が堪えるような気象のときは、爬虫類も当然影響を受けます。よほど体調が良ければべつですが、そもそも飼育下というのが、どうがんばっても既に不自然な環境なので、体調を崩すきっかけになったり、弱っているとさらにダメージを受けます。」と仰ってくださいました。

そこで勇気を出して申しますと、今年の梅雨は元々丈夫ではないとか体調が悪い生き物にとって、かなり堪えそうな感じですよ~。
関東圏では二足歩行の哺乳類が保証します(苦笑)
生き物と暮らしている方は、気を引き締めてくださいませ。


↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。



にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

古いエアコンは使いにくい








パーソンカメレオンのハーマイオニー







昨日は母が遊びに来たので、それまでに掃除と机の上に山ほどあるメモをそ~っと見えない場所に移動させることに専念。今日は午前中にみなさんのお食事後、ベランダを掃除して洗濯をしてからケージの温度を確認して、昨日の気疲れをとるべくお昼寝

なんともだるくて起きられず、3時間後にやっと起き上がり、ハーマイオニーの様子を見ると、ケージの片隅の出入り口では無い場所から必死に出ようとしているような、違和感のある行動をしていました。
「えっ!?」と思いケージを見回しましたが、特に異常は感じられません。でも室温は26度の設定だったのに22度になっている!
3時間くらい、パーソンカメレオンにとっては堪える温度ではありませんが、どうしてそうなったのかとリモコンの液晶をよく見直してみたら、「微」にしていたはずの風がなんと「強」になっていました
一度エアコンを止めてベランダを開け、ケージの外側の緑色のメッシュに角を突っ込んで押していたハーマイオニーに下から手を差し伸べ、そっと方向転換のお手伝いをしてケージの中央まで来させてから様子を見ました。
ハーマイオニーはパニックッというか、必死という感じで脱出しようとしていたので事態が飲み込めず、最初は元のケージの隅に戻ろうとしかけましたが、変化に気づいたようで、少ししてからゆっくりとよくいる場所に移動して、落ち着きました。
その後、室温が上昇してきたのでベランダを閉めてエアコンを微風でかけましたが、大丈夫でした。
ハーマイオニーのケージの方がエアコンに近いので、強風が吹きつけていたのですね。しかもハーマイオニーの加湿器は故障中して修理に出している最中でした

前に住んでいたマンションでも、入居時に備え付けられていた古いエアコンのリモコンを定位置に置いて(置く前に温度や風の強さをしっかり確認していた)触っていなかったのに、数時間後に誤作動していたことが数回あったので、今回も誤作動なのか、私がうっかりしてしまったのかよく分かりませんが、今後、マメに確認しようと思います。
カメレオンのケージには微々たる空気の流れが必要ですし、今の家は真夏はエアコンが効きにくいので、あまりケージを覆い過ぎない方が良いのですが、家にいない時間のことも考えて、もしまた強風になっても風が当たらないスペースを設けてみました。

このエアコン、あまりに古いのでリモコンが「入りタイマー・切りタイマー」ではなく、「おはよう・おやすみ」になっていて、おはようは5時間後からしか設定できないのですが、週末など出かける前に3時間後に設定したいことがあるので(朝は調整しやすいですが、週末の朝8時とかに家を出ても、目的地のショップ等がまだ開店していない)、うちの子がダメージを受けないよう、部屋の温度が上昇し始める時間を考えて、私が家を出る時間や出かけている時間を調整しなければならないことも多く、とても不便です



↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。



にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示