芸術的でさえある




パーソンカメレオンのカイム



クリスマスはいつもの週末通りに過ごし、夜になって自分だけケーキを食べた(しかも3日間)二足歩行の哺乳類
どう考えてみても、うちの子たちにとっては「いつもと同じ」ことが幸せだと思うので、クリスマスもお正月も、二足歩行の哺乳類は静かに彼らと暮らす幸せを改めて噛みしめます。

さて、三連休という余裕のおかげで、一部大掃除を兼ねた掃除をしていると、以前わりと大きめの形でケージの床に落ちていたカイムの脱皮の皮が出てきました。

形のままきれいに剥がれた皮を思わずとっておくというのは、脱皮する生き物を飼っている方なら高い確率で経験があるのではないでしょうか。
まあとっておいても、別に使い道は無いのですけれどね(笑)

苦手でない方は、よろしければ「続きを読む」をクリックして、パーソンカメレオンの脱皮の皮をご覧ください。



↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む»

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

友人との久々の再会




 池袋東口のイルミ。毎年この辺りは地味めでわりとシンプルなイルミです。

池袋駅前イルミ




先週末、学生時代からの友人と池袋で10数年ぶりくらいに遅ランチしてきました。
ずいぶん間が空いていたので、お互いの上に降り積もった年月を確認することになるかと思いきや、待ち合わせ場所で会ったとたん、まるでつい昨日も話をしたばかりのように話し始める友人。見た目も髪を黒く染めているそうなので、前回会ったときとあまり変わらない感じでした。こういうとき、女性はふつうに髪を染めているので本当の年齢よりもぐっと若く見えていいですね(笑)
もちろん二足歩行の哺乳類も染めていますが、年齢と比べてどんな感じかは怖くて聞けませんでした(爆)

友人のマシンガンのように続くトークも健在で、スローテンポな二足歩行の哺乳類が相槌以外に口を挟みたいときには、すでに違う内容に移っている会話を少し前に戻さなければなりませんでしたが、それなりに楽しい時間を友人と過ごし、少しだけ写真を撮って帰りました。



サンシャインイルミ



 サンシャインシティの入口の華やかなデコレーション。サンシャインシティ内のデコレーションにも期待したのですが、あまり力を入れていなさそうな印象でした。

 メインはこの噴水広場のデコレーション…かと思いきや、「天井からぶら下がる高さ5メートルのツリー」。
個人的には普通のモミの木のツリーの方が好きです。決まった時刻に照明と真下の噴水によるショーが楽しめるそうですが、待ち時間が長いのは苦手なので、見ずに帰りました。


サンシャインシティのツリー



 まるで思い出に浸っていそうな感じでお留守番していたカイム



パーソンカメレオンのカイム




↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

穏やかなひととき




12月のお花屋さん




お花屋さんの店先にもポインセチアが並び、温かなクリスマスムードを醸し出しています。
長年観葉植物しか購入していない二足歩行の哺乳類ですが、この時期はいつにも増してお花屋さんの側を通るのが楽しく感じられます。
イルミが煌めく華やかな街の装いも大好きです


そんな街の様子を見ながら心の中でONとOFFを切り替え、帰宅してうちの子たちの様子に変わりがないことを確かめ、晩ごはん。
食後のひと時を過ごそうとパソコンの前に座ると、石油ファンヒーターで背中が心地よくポカポカしてきます。
椅子に座っている私の膝の上では、愛犬がいつの間にか寝息を立てています。
一日の中で最も穏やかな束の間の時間に自然と瞼が緩み、続いて脳もシャットダウン(笑)
こうして度々ブログを更新しそこねる12月の二足歩行の哺乳類なのでした



パーソンカメレオンのハーマイオニー




↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

パーソンカメレオンのコオロギの餌に混ぜているフード




パーソンカメレオンのハーマイオニー



オレンジアイが綺麗なハーマイオニー


昨日は数年ぶりにはちゅイベント・東レプ(東京レプタイルズショー)に行ってきました。
のんびり行って会場に着いたのが午後だったせいか、はちゅ友さんとはほとんど会えませんでした。
会場は通路が狭くて人混みが凄く、途中からたまらずコートを脱いだものの熱気で大汗をかきました。
写真撮影は禁止ではないようでしたが、人混みの中では邪魔になってしまいそうなので撮影はしませんでした。

初めから生体を飼う予定はなかったので、コオロギ用の餌とピタ適等を買って持っていたら、一人だけお会いできたはちゅ友さんに「あら?イグアナを飼っているのですか?」と聞かれました。
「え?飼ってないですよ?」
ここで、そういえば私はカメレオン飼育の試行錯誤の一つとしてコオロギの餌に一部イグアナフードを使用しているけれど、みんながそうしているわけではないということを思い出しました(;^_^A

コオロギに与える餌の間接栄養に効果があるかどうかは賛否両論があり、意味がないという説が優勢なものの、今でもどちらが正しいか分からない状態ではないかと思います。
この記事はそういった議論が目的ではなく、パーソンカメレオンを飼育する方に推奨するつもりでもなく(本当にこれで長期的に見た場合に良いのかどうかが分かりません)、私個人が飼育錯誤中の方法を記録するために書いています。読まれた方が同じことをして飼育個体が体調を崩したとしても責任は持てないことを先に書いておきます(ドキドキ)。



前振りが長くなりましたが、私はカイムとハーマイオニーのコオロギの餌のフスマに少量の千切りにした野菜を混ぜ、またフスマと4:1くらいの割合でふやかしたイグアナフードをあげています。野菜はそのまま与えても千切り(コオロギに効率よく食べてもらうため)でも、保温していると乾いてしまいやすいので、イグアナフードでコオロギの水分補給を賄っています。夜、だいたい半日で食べきる量をあげ、翌朝そのコオロギをあげるので、そのときコオロギの餌も追加(残っている場合には交換)しますが、朝は忙しいので野菜は省きます。
コオロギのケースも毎晩床部分を掃除して、糞や散らかった餌をできる限り除去して、なるべくきれいにします。
餌は試行錯誤でその時々によって多少変わりますが、もう通算20年以上、毎晩コオロギのお家もせっせときれいにしています(笑)


夜、コオロギに新しい餌を入れて、朝、舌の無いハーマイオニーがコオロギに噛まれないように、そしてハーマイオニーは消化力が弱いので消化しやすいように、お腹プリプリのコオロギの頭を落とすと(人間の料理で言う生き締めですね~)、明け方食べたのでしょうか、食べたフードがコオロギのお腹にけっこう残っています
コオロギ一匹の中の量はたかが知れていますが、カメレオンの一食分のコオロギなら、人間の体に対するサプリメントのカプセルくらいの量になると私の場合は考えています。

有名なクレスフードや、もっと安価のデイゲッコーフードもフスマに混ぜて使ったことがありますが、これだと相当量のコオロギをあげないと、パーソンカメレオンの場合にはかなりのダイエットフードになってしまうという印象を受けました。
このクレスフードや昆虫食用のあの飼育者がタッパーで固めるフードももちろん直接あげたことはあります。でも、直接の摂取が「必須」というようには、個人的には感じられませんでした。今後一切直接食べさせないとは限りませんが、今のところはいいかな。

バランス補助的に人間用のサプリメントをごく少量、月に2回くらいダストしていた時期もありましたが、こちらはボンビーなので挫折…


試行錯誤で巡り巡って、今は上記の混合になっています。また何か考えて変えるかもしれないので、不変ではありませんが。
イグアナフードはパーソンカメレオンの飼育にまったく使用しない時期もあったので、これがどの程度有用なのかは不明です。
二足歩行の哺乳類的には、どちらかというと過干渉しないでカイムがカイムらしく過ごせるように尊重していることの方が、7歳を迎えられた秘訣のような気がします。個体差があり、なおかつワイルドとCBでもかなり違いますが、パーソンカメレオンは基本的には繊細な神経を持っていると思います。
また、パーソンをパンサーを飼ってきた感覚の延長線上で捉えると、様々な面で見落とすことが出てくると思います。二足歩行の哺乳類は、カイムと暮らし始めた最初の頃、そのためにかなり戸惑いました。


自分のためのパーソンカメレオンについての記録なので、こんなことは書かなくても良いのですが、ひょっとして勘違いされる方がいないとも限らないので書き添えておきますと、フトアゴヒゲトカゲフードはカメレオンが食べるコオロギに使うには粗脂肪が多すぎます。カメレオンはどの種類でも太らせない方が長生きします。彼らは過剰な栄養に長く対応できる生き物ではないと思います。だからイグアナフードも控えめに配分しています。

そのイグアナフードですが、この記事はくどいようですが、パーソンカメレオンであるうちの子の備忘録です。
パンサーカメレオンと、それ以下のサイズのカメレオンには逆に使用しない方が良いと思います。昔の話ですが、パンサーカメレオンのコオロギの餌に使用してみたときに、栄養過剰になりやすいと感じました。
コオロギの餌についてさえ、このようにパーソンカメレオンとパンサーカメレオン等とでは違います。
とはいえ、個体差も考慮する必要がありますので、なんといっても、自分の家の個体は自分で様子を見ながら良い方法を見つけるのがやはり一番だと思っています。


昨日はイベントでいろいろな生き物を見て回っただけでなく、はちゅ友さんとの会話から自分の飼育について改めて振り返る有意義な一日となりました。



↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示