アプロケイリクティス・マクロフタルマス








アプロケイリクティス・マクロフタルマス








アプロケイリクティス・マクロフタルマス








アフリカン・ランプアイを少し華やかにしたような魚です。
雌は小柄で、一見、まるでアフリカン・ランプアイそのもののように見えますが、雄は4センチほどになり、鰭が伸びて上品で美しい姿になり、とても気に入っています。
ライトの下の明るい場所では一番下の写真のように見えるのですが、やや暗い場所や消灯後は上の2枚の写真のように体に綺麗な青いラインが入り、一粒で2度おいしい魚でもあります。








アプロケイリクティス・マクロフタルマス









わりと丈夫な魚のようで、初心者の私が水質の急激な悪化の速度や恐ろしさも知らずに、水の全換を週末まで待とうとしてポポンデッタ・フルカタの尾が溶けてしまったときも、いつもどおりに泳いでいました。
といっても、フルカタさんもまるでなんともないかのように、いつもどおりの感じで平然としていましたが(^^;

アプロケイリクティス・マクロフタルマスは現在雄5匹、雌3匹います。
つい最近まで雌も5匹いたのですが、アピストグラマ・アガジシィの食卵後、環境を整えてあげるために産卵用のシェルターを入れてレイアウトしたとき、終わってみたら移動途中で落とした小さな流木と土管の間に挟まって、1匹死んでいました(なんで全速で逃げなかったんだー!)。

このとき私は、「アピストグラマが予想外に産卵したので、アプロケイリクティスも産卵しないとも限らない」と考えてシェルターと一緒に購入したナイロン製のメダカの産卵モップもセットしました。ところが翌日、このモップの輪になった葉に頭を突っ込んだまま、葉の縁で頭部を切った雌が死んでいました(T.T)
こんなことで続けて2匹も死なせてしまって、かなり凹みました。

考えてみると、アプロケイリクティスが産卵したとしても、コツコツ丁寧にウィローモスや水草をつついて回るアガジシィの雌やゴールデンハニードワーフグラミーが、私よりはるかに早く気付いて食べてしまうに違いありません。
繁殖すると、子育てはしない魚なので、稚魚の育成はそれなりに手間がかかると思いますし、神経も遣うでしょうから、水質管理に一喜一憂している今はとてもそんな余裕もありません。
まずはなんといっても、この8匹に長生きしてもらうことを目標にしようと思います。


↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       
関連記事

テーマ:☆水槽の中☆ - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示