パンサーカメレオンのぱぴりお








パックン








蘭丸と一緒に(ケージは別でした)売られていた「レッドケシア」(笑)のぱぴりおです。
当時、店員さんに2頭の性別を尋ねたら、「分からないんですよ~。もしかするとペアかもしれません。」と言われました(爆)
繁殖を狙ってではなく、2頭とも魅力的過ぎて、どちらかを選ぶことができませんでした、私
後に本物の雌のパンサーを迎えたとき(その時、初めてパンサーの雌を見ました)、それはもうものすごくびっくりしましたよ~







ぱぴりお








蘭丸がお父さんと呼ばれるようになった頃には、ぱぴりおはうちではパックンと呼ばれるようになりました。
パックンはお父さんのように小知恵が回ることはなく、わりと明快な性格で、とっても純粋でした。
後に嫁を2頭迎えて4頭で飼育していたので比較がしやすく、それぞれの個体の性格の違いがはっきり分かり、彼らと暮らした日々はとても印象的で感慨深い思い出となっています。


パンサーカメレオンの飼育から離れて10年ほど過ぎ(ちょうどワイルドのピカソとノシボラハが日本に初お目見えした頃までです)、今、私と暮らしているのはパーソンカメレオンのカイムです。ですからカイムを迎える前に調べたのは、パーソンカメレオンとその飼育についてで、私は最近のパンサーのローカリティーをあまり知りません。
そういうわけで、実はパックンのローカリティーが未だによく分かりません
いちばんきれいに発色しているときは、全身がイチゴのような赤で、ボディに水色のストライプが入りました。
う~ん、もしたしたらアンカラミーなのかな??



↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       
関連記事

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメさん、ありがとうございます~(^-^)

コメを読ませていただいて、記憶が古いもので
勘違いしていたことに気づきました。
アンカラミーってピンクパンサーの
ことでしたね。
パックンは違いましたわ(^^;

ちょうど私がパンサーと暮らしていた頃の
友人の飼育者の間で一目おかれていた方のHPに
「パンサーカメレオンの画像集」というのがありまして、
そこで見られるサンバーバとタマタブは緑色も発色して
いますが、パックンはこの2種のような感じの緑色は
出なかったんです。
ちなみにその画像集には、うちの他の子も載っています(^^ゞ

う~ん、謎ですね~。
検索エンジンの画像検索もしてみたのですが、
分かりません(^-^;
カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知の上で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示