ビーンズ君のカメレオンマジック



こうしていると分かりませんが…







ベーメカメレオン








こうやって見るとあちこち傷だらけのビーンズ君…
よくこれで元気そうにしていたな~、絶対かなりおかしいぞとは思ったけれど(^^;







ベーメカメレオン








でも最初にプクッと盛り上がっていた一番目立つ腰の黒いところ(「ココ」と書いていない大きな黒ずみ)は、ずいぶん平らになりました
今のところ腫れは無く、表皮の擦れだけなので、これは気長に治っていくのを待ちましょう

ただ、相変わらず尻尾が痩せているのが気がかりです。
目の張りと体ふっくらは相変わらず本人の気力ですな、これは…。
体表がこんなになっているくらいなので、内部もいろいろとあるのでしょう。でも、食欲はあるし、いいウンちゃんも出ているし。
普通のフィッシャーサイズならこのタイミングで健康診断に行きますが、ビーンズ君サイズはなにかと難しいので、慎重になってしまいます。コノハが投薬であっさり命を落としたことがあるだけに…。
もうしばらく要観察でいきます。







ベーメカメレオン








これを見たら、慣れない人ならとてもいい状態だと思いますよね、おそるべしカメレオンマジック(^-^;

さて、飼い主はこれから休日診療の病院に行ってきます。土曜日に実家から帰宅した後、ちょっと体調を崩し、3連休が台無しになりました
3日間目一杯ゆっくり起きるつもりだったのに、痛くて睡眠不足に…
ま、人間はちょっとやそっとじゃ落ちないからね(苦笑)


↓ ベーメカメレオンのビーンズが少しでもかわいいと感じられましたら、ポチしていただけると、とても嬉しいです~




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       
関連記事

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

初心者の我輩だったら「ビーンズ君絶好調!」なんて思っちゃいますよ。
投薬で命を・・て言うのはどういうことですか?飲ませない方が良い場合とかどんな時ですか?スミマセン初心者質問で・・
我家の子鉄は15㌢11グラムになりました。
まだまだ病気になったら治りにくい大きさですよね?

ビーンズ君早く傷が治ると良いですね!

お大事に

citystrangerさん、こんばんは。
お身体回復されましたでしょうか。
急に暑くなったので、体調壊しやすいですよね。
飼い主が元気じゃないとなかなか世話も出来ないですし、ビーンズ君も早く元気になると良いですね。
我が家もキサンジャクソンがいるので、人間にも他のカメレオンにもちょっと寒いので、キサン親子だけ、別の部屋に引っ越しの予定です。
ブログを読ませて頂いて、ちょっと気になる事が有るのですが、餌を朝晩二回あげているのでしょうか?
飼育本などには、午前中だけと書かれている事が多いと思うのですが。
初心者なので、分からない事が多く、申し訳ありません。

Re: タイトルなし

ナオキチさん、返信が大変遅くなってしまって、すみません。

ごく小型の種類やベビーは中型~の種類や生体よりは、ちょっとしたことでも大きなダメージになりやすく、つまり死んでしまいやすい面があります。
しかし「小さなカメレオン」というくくりで判断するのはその程度で、あとは飼育者が自分の飼育個体の状況を見ながらいろいろ考えていかなければなりません。それというのも、他の人はその個体を飼育管理しているわけではないので、どんなに丁寧に説明していただいたとしても、一緒に暮らして日々接している飼い主のようにはその個体を知っていないからなのです。
飼育している生き物の種類や病気・怪我によっては、そこまでその個体を知らなくても大丈夫な場合がもちろんありますが、カメレオンの場合は初心者の方でもなんでも、突然上記のような自分で状況を判断して決断しなければならなくなることも多々あるのが、飼育が難しいと言われる理由の一つではないかと思います。

さて、「投薬で命を…」ですが、このときは抗生剤でした。抗生剤は諸刃の剣のような面があり、投薬後、いつもと変わらずに済んでめでたく症状が治る子もいれば、投薬後から拒食し、色が悪くなったり動かなくなり、明らかに様子がおかしく(悪く)なる個体が存在します。
人間でも抗生剤を飲んでもなんとも無い人と、副作用が堪えて調子が悪くなる人がいるのとおそらく同じことだろうと思います。
ただ、薬を飲むまでは、それは分かりませんし、なんともない・ちょっと堪える・ひどく堪えるなども個体によって違います。
小型のカメレオンはひどく堪えた場合、副作用の症状で消耗して死ぬ場合があります。

ですから、飲ませないほうがいい場合は、一度飲ませてみて飼い主が様子を見て判断しないと、その個体と一緒に暮らしていない者には判断ができません。ただ、飲ませなければ治らない=死んでしまった、なんとか持ちこたえてほしいと思いながら飲ませた=死んでしまったなど、獣医さんも飼い主も神様ではないですし、個体の重症度にもよりますので、必ずしも考えた結果が良い結果になるとは限らず、正解の無い、ケースバイケースのとても難しい問題です。
ですから、いかに調子を崩させないようにするかが大切になります。

小鉄君、11gなら、本来丈夫に生まれついた子であれば、もう投薬そのものがためらわれるサイズではないですよ(^^)

Re: お大事に

TOMMYさん、お返事がとても遅くなってしまって、すみません。
お気遣いありがとうございます。
今週は抗生剤の副作用がいろいろ強く出て、病院に行く前より副作用でさらに具合が悪くなってフラフラでした。なんだか病人になった気分の一週間でした(苦笑)
おかげさまでやっとコメントを返させていただける程度になりました(^^)

キサンを別の部屋に移して、キサン専用の温度管理をされるのですね。
初心者とのことですが、TOMMYさんはとても賢明な方でいらっしゃるのでしょうね。
卵胎生種の子供は育てるのが難しいそうですが、適切な環境を与えてもらって、みんな元気に育つといいですね。

餌についてですが、すみません、このブログは私とカイム(と、今はビーンズ君)の日々を綴っていますので、他のカメレオンには当てはめないほうがよいことまで、つい普通に記録してしまっています<(_ _)>
いろいろな人のブログを読まれることをお勧めしたのに…(汗)
パーソンの場合は飼育が他のカメレオンとやや違う部分もあり、また、私はカイムを見ながら、言わば応用的な飼育をしていますことをご理解いただければと思います。

餌は朝晩2回あげることが多々ありますが、毎日ではありません。

飼育本は飼育が難しいカメレオンについて、なるべく安全な飼育ということで初心者の方向けの指標が書いてあると思ってください。

例えば、野生のカメレオンは日暮れ直前に蛾などを捕食することもままあるでしょうし、それで体調を崩すことはあまり無いと思います。
ではなぜ午前中なんて?というと、ここはマダガスカルでもアフリカでもなく日本です。飼育下だけで、免疫力も回復力も現地で暮らすカメレオンよりは落ちていることでしょう。
その個体の状態や、飼育者が気づかずにいろいろ積み重なっていることがあった場合、カメレオンはささいなことでも体調を崩してしまいます。
ですから、一番内臓が活発に働く午前中は確実に安全と言うことで、そう書いてあるのだろうと思います。

カイムの飼育は私が信じている外せない部分と、カイムを見ながら変えている部分がありますので、いずれ記事にしたいと思います。

返答頂き有難うございます。

citystranger様

お世話になっています。

抗生物質の副作用は大変でしたね。
体調が戻られたようで、良かったです。

餌のタイミングに関してですが、我が家でも夕方位になって
ケージの中に残っていたのを食べたりすることはあるので、
あまり神経質になっているわけではないのですが、
照明と温度は、タイマーで管理しており、朝7時から夜7時位に
紫外線を点けて、温度も昼と夜で違う設定にしているので、
私が仕事を終って帰る頃には、みんな寝ている状態なので
夜間餌をあげるということはありません。
(水が欲しい感じで、起きている子には水は飲ませますが)

キサンのベビーですが、生まれてやっと6週間位で、
まだまだ小さいので、温度・湿度管理と風通しには、
とても気を使います。
何とか早く大きくなって欲しいと思っています。

いろいろ試行錯誤をしながら飼育をしていますが、
相手が生き物なので、とても難しいことが多いです。

また、よろしくお願いします。


TOMMYさん、またまたすっかりコメントが遅くなってしまって、
申し訳ありません。
復調したと思ったとたん、今度は夏バテでヨレヨレになってしまって<(_ _)>

私も温度と照明と水はTOMMYさんと同じ感じです。
ただ、他のカメレオンは、たとえば放し飼いにしていても、夜になると部屋が明るくてまだ温度が下がっていなくても、自分で場所を選んで勝手に寝ましたが、カイムは私が帰宅しても、照明が消えたケージ内で活動状態で起きていることがけっこうあります。
パーソン初心者なので、パーソンだからなのか、カイムの個性なのかは分かりませんが、そんな風なので夜はカイムのその日のリズムにある程度合わせています。

本当に、生き物の飼育は一筋縄ではいかず、難しいですよね。
特にカメレオンの場合は、いつも観察と考察が必要で、気が抜けませんね。お互いがんばりましょうね(^^)
カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示