病院へ駆けつける



腕の付け根上のくぼみは何?(*_*)







ベーメカメレオン








7月下旬にはだいぶ安定してきたビーンズ君。相変わらず、目は張り出ているものの、頭頂部が痩せていて、尾はガリガリ、総排泄腔が突き出して見える痩せっぷりなのに、下腹は少しふくよか…怪しい要素満載でしたが、8月上旬には弱かった握力が少し強くなってきました。
健康診断には絶好のタイミングだと思ったのですが、なにしろこの暑さです。移動中うっかり冷やしたりなかったり、逆に暑いからと冷やしすぎてしまったりすると、コノハカメレオンサイズのビーンズ君の体にはかなりの負担がかかってしまいます。しかも診察そのものも大きなストレスになることでしょう。
そう考えると、少し暑さが和らぐのを待ってから病院に行こうかなと、ずっと思っていました。

ところが昨日の夜遅く、いつものようにそっとビーンズ君の姿を確認したところ、なんと体色が黒変して足1本でヘデラの蔓にぶら下がっていました

なんで?毎日観察しまくっていて、なんの前兆も見受けられなかったのに!?

そっと取り出してみると、ものすごく荒い呼吸で、ドクンドクンと体が揺れ動いていました。
色も白っぽくなったり黒っぽくなったりで、時々苦しそうに口を開けて、そのとき飛び出した舌の先を、口を閉じるときに噛んでしまったり…、手足が萎えてばったり倒れたかと思うと、しばらくすると苦しげに口を開けながらまるでもがくように歩き出したり、そんなことの繰り返しでした。
でも、目つきはしっかりしているし、歩けるときの握力は萎えていませんでした。
これはもしかして、発作?

もうダメかなとも思いましたが、口元を湿らせて舌を戻したりしながら様子を見ているうちに、とりあえず収まってきて、じっとしながら目だけきょろきょろさせて、ただあちこち見回すようになりました。
なんだか急に真っ暗にしないほうが良さそうな気がして、天井照明をやや暗めにしてつけたままで寝ました。夜中の3時でした。

今朝起きたとき、ビーンズ君はもしかして死んでいるかもしれないとも思いましたが生きていてくれました。
少し色がおかしく、多少呼吸は荒かったものの、やはり目つきだけはしっかりしていたので、なんとか移動に耐えられるかもしれないと思い、とにかく病院に連れて行きました。
出かける前に、ごく少量のブドウ糖と岩塩とビタミンCを水で溶いて、ちょっぴり飲ませました。これは家庭で出来る手作りの経口保水液(ブドウ糖がなければ砂糖を使います)です。


先生もやはり、この暑い時期はどうしても必要な場合以外は、病院に行くのさえ控えたほうが良いというご意見でした。

ビーンズ君があまりにも小さいので、レントゲンを撮ることくらいしか診察できないということで、レントゲンを撮っていただいた結果、肺も腸も異常が無さそうということでした。
消去法でいけば、あとは喉に炎症があるのかもしれないということで、抗生剤の飲ませ方のレクチャーを受けたあと、それまでだいぶマシな様子に見えていたビーンズの呼吸が突然大きく荒くなり、先生の目の前で黒くなってバッタリ

結局、この種類(ベーメカメレオン)に死んだフリをする習性があるか、個体としててんかん様の発作を持っているのだろうという診断になりました。
もし発作だった場合は、そこにほんのちょっとした刺激-たとえば明るくなったり暗くなったりとかも-が加わると長引いてしまうので、明かりを消さずに寝たのは正解だったそうです。
抗生剤は必要なく、抗てんかん剤を飲ませるには小さすぎるということで、薬は出ませんでした。

発作が起きたら、他に方法は無いのでとにかくそーっとしておくことだそうです。
それから、黒い部分はひどくなっていかないようなら、このままカサブタがとれるのを待てばいいそうです。

帰りの電車の中で考えたのですが、もし擬死の習性なら、あんなに長々と体がドクンドクン脈打たないのではないかと思います。
倒れたときにご丁寧に口を少し開けて舌の先を少し出して「死んでます」感を強調することはあっても、発作の最中に何度も自分の舌の先を噛むのに時間をかけたりしないで、とっとと倒れておっ死ぬ(フリ)のではないでしょうか。
先生は最短で倒れるビーンズ君の姿しか見ていないのですが、倒れないときもありますし、過程がやたらに長いので、これはやはりてんかん様の発作なのではないかと思います。

てんかんだった場合、もし頻繁にこんなことが起きたら、確実に消耗しそうで、それが原因で心臓に来るとかしないか、とても心配です

今までは本人が出たがると、週末などに部屋に出してあげてきましたが、これからはとにかくそーっとそおーっと、刺激しないようにしていきます。


今のビーンズ君は、昨日~今日の騒ぎが嘘のような色になっていますが、やはりちょっと疲れていそうな目つきです。例によって目は良く出ています。
今までには行かなかった安定のいい落ちようの無い場所のヘデラの茂みにいます。ちゃんと考えているのですね~。


↓ ベーメカメレオンのビーンズが少しでもかわいいと感じられましたら、ポチしていただけると、とても嬉しいです~





にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       
関連記事

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知の上で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示