カイムの姿を見て、一瞬冷や汗が出そうな思いをしました








パーソンカメレオンのカイム






今朝、パーソンカメレオンのカイムにご飯をあげていたときのことでした。
いつものようにバシッとカイムの舌がコオロギを捕らえ、口の中に戻りました。私はそのままケージの床に落ちていた枯葉を摘んで顔を上げました。
するとなんと、カイムが顔を真下に向けていて、舌がダラーンと長く口から垂れ下がっているではありませんか!
目撃した瞬間、舌の事故が起きているのかと思い、言葉にできないくらいの大ショックを受けましたが、その垂れ下がった舌の先端部分にコオロギがくっついているのが見えました。そしてカイムは硬直した私を前に、ゆっくりススーッと舌を縮めていき、何事も無かったように口の中に戻しました。

○十年に及ぶカメレオン飼育の中で3回だけ、私はカメレオンの舌の事故を経験しました。
いずれも長く伸ばした舌がちょっとしたきっかけで下にダラーンと垂れ下がった状態になり、驚いた本人がその事実を認識できなかったのか、舌を口に戻さないばかりかそのままガブガブ噛んでしまい、舌の筋肉を損傷して縮めて戻す(カメレオンの舌は蛇腹状に収納されます)ことが不可能になってしまいました。
こうなってしまうと、人間がカメレオンの口の中に舌を入れてみても正しく収納されるわけではないので、カメレオンは長く伸びたままの自分の舌を口の中いっぱいにほおばっているようなものなので、苦しくなるのかすぐに口を開けてしまい、開いた口の中からまた舌がダラーンとこぼれ落ちて垂れてしまいます。
一度この状態になってしまうと、そのまま舌が乾かないように気をつけて傷が治るまで待つというのはカメレオンにおいてはまず不可能で、対処法としては舌を切断するしかありませんが、切断してもしなくても、もう助かる確率の低い恐ろしい事故です。

ただ、舌が真下にダラーンと垂れ下がったときに本人がパニックに陥らずに舌を戻そうとすれば、先端の餌を捕らえる部分の重さに引っ張られるのでやや遅い速度になりますが、舌は無事に口の中に戻ることができます。また、たまたま舌の収納の具合に違和感が起きることもあるのか、ごく稀にわざわざ舌を垂らして口の中に収納しなおすこともあります。

説明が長くなってしまいましたが、舌噛み事故を一度でも経験すると、この真下に舌が伸びきった状態には思わず恐怖を感じてしまいます。
今回はカイムが落ち着いていて、事故に繋がらなくて本当に良かったです。

でも、カイムはよくいろいろなところをバシッとやるので、いつか事故に繋がるのではないかとヒヤヒヤします。
同時に今回、「もしもカイムが突然死んでしまったら」と考えてみて、私の中でいかにカイムの存在が大きいか、カイムがどれだけ私の人生の張り合いになっているかに気づかされました。
私は日々の地道な観察と世話を手を抜くことなく続けているつもりですが、それでもこの先命に関わるレベルの事故や病気がなにも起こらずに何年カイムと暮らしていけるのか、少し不安な気持ちになってしまいました。
できることをきちんと行い、これから先も少しでも長くカイムとの平和な日々が続くようにがんばっていきたいと思います。




↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       
関連記事

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知の上で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示