パーソンカメレオンのカイム、ちょっと草食系の蜥蜴になってみた



昨日の朝、コオロギを差し出すより前にカイムのケージに小松菜を入れてみました。
葉っぱの食べ方が上手では無さそうだったので、念のため、朝と夕方遅く、私が家にいる時間だけ入れておこうと思ったのです。
カイムはすぐに小松菜を意識する素振りを見せたので、そのままそーっとしておいて、先に自分の朝食を済ませました。
しかし一昨日私が食べるのを手伝ったことを気にしているのか、なかなかバシッ!ときません。
時間の関係でそうそうのんびり待っていられず、コオロギの入った食器を持ってケージに近寄ってみると、カイムは初めの位置よりは小松菜に近づいていて、それはもう意識しまくりという感じでしたが、そこでもじもじしていました
時間が無いのでコオロギを差し出しましたが、今は小松菜に心奪われてコオロギには興味が持てない様子
仕方が無いので、コオロギをふだんはしない置き餌にして身支度を整えていると、
バシッ!
おっ!、きました。

どっちに!?(笑)
小松菜にいっていました。

カイム昨日よりはうまく食べていたので、今日は手伝わずにそのままにしました。
この食べようなら事故の心配はないかと思い、そのまま出かけました。
帰宅すると3枚入れておいた小松菜の葉っぱの部分1枚が食べてあり、コオロギはそのままでした。
昨日はそれだけで終わりました。

今日は朝、小松菜を入れずにコオロギをいつものように食器に入れて差し出すとふつうに食べました。
3日続けては食べないだろうと思ってそのまま出社し、帰宅後、一応ケージに小松菜を入れて着替えていると…、バシッ!
今日も1枚食べました。

昨日と今日、私はまったく手伝っていないので、完全にカイム自身の選択です。
私はカイム以外にパーソンカメレオンを飼育したことがありませんし、カイムが3日も小松菜を食べた理由は今のところ特定できません。

ただ、カメレオン飼育ブログを公開されている方々の中には、エボシカメレオン以外のカメレオンが果物や野菜を食べたという事例を見ることができます。
エボシカメレオン以外のある特定の種類はみな植物質を食べるというわけではなく、今のところ食べる個体の方が少ないようです。中には止める間もなく庭先で栽培している野菜や果物目指して突進して食べた個体もいるそうなので、飼育者が無理に食べさせたわけではありません。

では飼育下の個体だけの話しかというと、私の母がテレビで、「マダガスカルで日本人一家の家の庭先に毎日レタスを食べに来るカメレオン」というのを見たそうです。私はそれを見なかったのですが、母は私と共に10年近くカメレオンと暮らしましたので、他の爬虫類の放映と間違えたとは考えられません。
テレビは必ずしも真実をそのまま放映するとは限りませんから、「毎日」というのは必ずしも真実とは言えないかもしれないと思いますが、カメレオンが野菜をバクバク全部食べて帰っていくのをヤラセで撮影することは不可能でしょう。まさかわざわざCGで作り出してガセネタを流すとも思えないですしね(笑)

さて、ここからはカイム専用二足歩行の哺乳類独自の、カイムのための見解ですので、ここ自分のブログに記録はしますが、飼育者のみなさんはご自分の考えに従われてくださいね。来月のイベントの飲み会のネタなんかにしないでくださいよ(笑)

エボシカメレオンだけが植物質を食べる=他のカメレオンはほんの少量の植物質さえ摂らないと、イコールでガチガチに結んで決め付ける必要なんて無いのかもしれない。現に野生のマダガスカル産のカメレオンが野菜を食べている。

草食動物の胃腸と肉食動物の胃腸は構造や腸内細菌が違ったりするが、それは大量に食べるメインの食べ物が違うからで、別に少量食べる分には人間が想像するほど問題ないのではないだろうか。
だいたい野生の草食動物はごくわずか肉食ですからね~。ゾウとかキリンが木の葉を食べる時、「ここに何か潜んでいないよね?」と確かめてから食べる所は見たことがないし、シマウマが草に爬虫類が潜んでいるか気にしているところも見ない。ほとんどは逃げおおせるとしても、稀には草と一緒に口に入るものもいるだろうと思う。
また、野生の陸ガメも草を食べるけれど、たしか小動物の死骸とかがあると食べますよね。
だからその逆があっても別にあり得ない話しではないと、個人的には思います。

もう一つ、私がガチガチになりたくない理由の一つに、南アフリカの様々な動物たちはお酒が大好きという事実があります。南アフリカのマルラという木の実が熟す季節、遠くから様々な生き物たちがこの木を訪れます。熟して落ちた実は醗酵が早く、どぶろくのようなものに変わり、それを目当てにやってきた動物たちはこの落ちた実を食べて酔っ払い、千鳥足になるのです。ゾウもサルも…、みんなで千鳥足です。
そんなのふつうの動物の一生の説明の中に書いてないですよね。いきなり聞いたら受け入れられますか?野生動物たちの集団飲酒(?)によるヨッパライ行動…。でも、事実です。書いてないことは「無い」ではないのです。


命はみな大切です。自分で決めて迎えた命は責任を持って大事にしなければいけません。そのためにはその種類に合う適切な飼育をすることが基本中の基本です。
ただ、どこまでが正真正銘の適切か…。種類を超えてヨッパライになるくらい、生き物の生態は奥が深かったりしますから、カメレオンだって何があるか分かりません。
それにカメレオンは犬や猫ほど飼育下の長い歴史がある生き物ではありませんし、野生での生態が完全に解明されているわけでもないせいか、何年彼らと暮らしても、初めての出来事が起きることがあります。

飼い主は神様ではなく人間で、しかもこの二足歩行の哺乳類に至ってはかなり不出来な生き物なので、今回3日も続けてカイムが植物を食べたことで、さすがに少々困惑しています。いや、食べたこと自体はいいのだけれど、あのあまりにも夢中な様子が何かおかしい気がする…。明日も食べたりなんかしたら、もっと焦るな~。
この原因が何なのか特定できる自信はありませんが、飼育で何か見直すべきことがあるのかどうか、とにかくまたいつものように要注意・要観察・要考察を続けたいと思います。





草食性トカゲのカイム






↓ ブログランキングでカイムとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。




にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       
カイムが最初に小松菜を食した時から、適当な感じではなく並々ならぬ熱意を感じて、ずっと気になって考え続けてはいたのですが、本日は今までのお手上げ状態よりは考えが広がり、やっと試してみたいことが思いつきました。がんばって考え続けていたら、いつの間にか28時を回っていましたが…

今まではカイムが若かったので大丈夫だったけれど(若いときは逆に控えめがいいと思います)、もう繁殖も可能になったパーソンカメレオン(ご覧になっている方は肉食性も持つ巨大なパーソンと、他の種類のカメレオンをこの場合は同レベルで考えないでくださいね)にとっては、の量が少なすぎたのかもしれません。もちろん、カメレオンの場合は太らせるほど食べさせたら、運が悪ければ死に至ってしまいますが、それにしてもカイムの場合は少なすぎたのではないかと。
というのも、前にもチラッと書いたことがあるのですが、私の経験では野生のカメレオンは意外と他の爬虫類やカメレオンを食べていると感じます。
パーソンはなにしろ大きいので、目に入る範囲の爬虫類質も食べまくって栄養を賄っていると思うのです。それに今はちょうど繁殖期ですしね~。

でも、それが正しい答えかどうか、また、他の環境で飼育されているパーソンカメレオンすべてに当てはまるかどうかは分かりませんので、とりあえず女性のパーソン飼育者の皆様は今の段階ではあまり気になさり過ぎないようにして、ご静観くださいね。カイムのみのケースかもしれませんのでネ(^-^)

さて、朝になったらはコーヒー飲みまくりで仕事がんばりますです~(=_ヾ).。o○
関連記事

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ。

ガチガチになりたくない・・・私も同感です。
生き物には、種としての共通点はあっても、
個々の違いも当然あると思います。
そして、解明されてない(知られてない)部分も沢山あると思うし。
要注意・要観察・要考察・・・これですよねv-290

ところで、カイム君は、小松菜だけなんでしょうかね?
チンゲン菜とかは
小松菜は、野菜の中でカルシウムの含有量が
一番多いと言われてます。
その辺りも関係あるのかしら?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ライラさん、そう、理想は「要点は抑えつつ、柔軟に!」ですよね(^-^)v
そして飼育はまあ何を飼育していても、要注意・要観察・要考察に尽きますよね!

私にしては珍しく、「続きを読む」という補足記事を書いてみたのですが、
そこにあるように、現時点ではパーソンの特徴である巨大さから推測して、
爬虫類質(肉食?)が想像以上に必要なのかな~?と疑っています。
ただ、餌用ヤモリは寄生虫のリスクがあると信頼できるショップさんから
教えていただいたことがありますので、e-347系での対応を考えて
みようかと…。

カルシウムですが、うちでは今、2種類使用していて、吸収力の高い細粉の
方はコオロギフードにも混ぜていますので、考えにくいような気がします。
D3の方の不足だとしたら、ここしばらく悪天候で日光浴ができていませんが、
そういうのは今までにもあったもののクル病の兆候が出ることもありませんでした。
遡ってみるとカイムは昨年からバシバシやってはいましたが、コオロギをもっと
食べたい時もやっていたので、どこからが野菜を欲してのことなのか区別が
つきません。
ただ、タオルの前は一時治まっていたので、やはりタオルの事件辺りから、
カイムは緑色のものを狙ったのかなぁと疑っています。
10月は私の体力を消耗させましたから、大丈夫だと思っていたカイムの
身体からビタミンやミネラル等を多めに消費させたのではと…。
それはコオロギメインで動物質を少なめにしていたせいもあるのでは、
そして昆虫には昆虫にしかない成分もあり、もちろん必要ですが、パーソンは
動物質を軽視しすぎない方がよかったのかなと…。
週末でもう力尽きて頭が働かないもので、かなりごちゃごちゃ書いてすみません。
ある程度多岐に渡り不足成分が出ていて、私の部屋に動物質のものは
ないので緑=野菜でビタミン等を補おうと思ったのかと考えています。

そんな感じで他の野菜というのを考えていなかったので、青梗菜は明日あげて
みますね!
そんな感じで本来は明日予定していたe-347を、今日e-347e-347
あげたので、明日以降カイムの野菜に対する反応が変わる可能性はありますが、
試してみます(^^)

Re: タイトルなし

鍵コメ様

いつもお気遣いありがとうございます。
水分は、パーソンだけにかなり気をつけていますので、
おそらく大丈夫だと思います。

そうなんです、様々な可能性が考えられるだけに絞るのが難しいです。
でも、鍵コメ様がお考えのように、自然界ではパーソンも葉っぱを
意外と食べている可能性があると思います。

今、パーソンはマダガスカルの焼畑跡に作られた果樹園の、自然の(人間の意図で無い)
用心棒なんですよ(^^)
そこに集まる害虫や小動物を捕食していると、果実の方に手を付けずに
栄養が間に合っているから、マダガスカルの人に喜ばれているんですね~。

No title

すっかりカイムさん草食系男子でありますね(^_^;)
わが家の性格も草食系小鉄もご存知の通り「毎日ベランダでトマトを食べるカメレオン」ですから、まだまだカメレオンは謎の多いお方ですよね!
きっかけは多分コウロギ抜きの日で「腹ペコだあ」のアピールでかじってみたら「うまい!」となったみたいです。赤いのを選んで食べてたので、味が気に入ったのは確かかと
カイムさんも食べ過ぎ注意で食欲の秋を楽しんでください!

No title

ナオキチさん、昔、一ヶ月間ランチでマグロ丼を食べ続けた人を知っていますが、実はコテツ君はその人の仕事仲間では?( ̄∇ ̄*)ゞ
毎日食べ続けられるって、スゴイですよね(^^;

いやほんと、カメレオンは奥が深いですね!

カイムの場合、うまいとなると固まってしばらく味わうはずなのですが、それをまったくせずに淡々と食べる姿と、食べられない緑色のものにまでよろめいていた姿を重ねると、何かが不足していたのではないかと、ま~だ疑っています(^^;
でも、昨日のe-347e-347で満足したのか、今日は葉っぱは要らないそうです。
カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示