カラスは考えた~ここんちはあんぜんだ~




昨年、今の地域に越してきたとき、ベランダの日よけ用の波板と屋根とのわずかな隙間に一羽のカラスが住んでいました。このカラスはふつうに飛べますが、とまっている姿を見ると両羽がダランと垂れ下がり、しかも腹部に毛がまったく無いという異様な姿をしています。
その理由については過去記事をご覧ください。

私は越してきた当時、このカラスはとても夏を越せないだろうと信じていました。しかし週末見上げると、連日30度を軽く越えていたであろう波板の上に何時間もいて、とうとう夏は終わりました。このカラスはときどきベランダの正面の電線にとまってこちらを見ているようでした。カラスに「ペット」という概念は理解できませんから、カイムやハーマイオニーの姿を不思議に思っていたのかもしれません。
私もときどき、電線にとまっているカラスの姿を見返してきましたが、そのたびに、その恐ろしくさえ思える姿から、中華料理店の厨房に吊るされている首を落とされ、羽をむしられた鶏の姿が連想されるのでした
ハゲたお腹に冬の寒さはどうなのかなと少し気になりましたが、カラスは相変わらずの姿のまま、冬も越しました。

そんなカラスとうちとの関係に変化が生じたのは、早春ぐらいからでした。
小春日和に、窓から差し込む直射光ではなく、久しぶりにベランダでカイムとハーマイオニーに日光浴をさせたのを、たぶんカラスが見ていたのだと思います。
ある風の強かった週末、何気なくベランダの方を見ると、なんとカラスが物干し竿にとまっているではありませんか。
私がガラス越しに様子を見ても、カラスは逃げませんでした。
それからは風の強い日や雨の日に、カラスが物干し竿に避難しに(?)来るようになりました。

曇りの週末、母が遊びに来て、3人でガラス越しにカラスを眺めながら、「”何か?”って感じでいるのよ~」なんて会話をしても、カラスはそこにいました。

決定的な出来事は、4月末に起こりました。
日光浴のときに、カイムが私の用意した日光浴用の枝からベランダの手すりに移動して、ゆっくり歩いていって、もっとよく日の当たる位置まで行って日光浴の続きをしたのをカラスが離れたところから見上げていたのです。カラスの位置からだと、手すりの内側で、転落防止のために私がカイムの尻尾を握っていたのは見えなかったのだと思います。
カラスから見たら、「あのトカゲは自分の好きなようにしていて、二足歩行の哺乳類は側に付き添っているだけ」に見えたに違いありません。

カラスはベランダの物干し竿を寝ぐらに決めました
いやもう驚いたのなんのって‥(苦笑)

朝起きるとカラスはもうどこかに飛び立った後で、日が落ちる頃、かってに帰ってきて寝ています。
カラスの羽はもう元の位置には戻らないようです。お腹の毛がなぜ生えてこないのか分かりませんが、厳しい環境の屋根の上で夏を乗り切ったところを見ると、病気ではないように思えます。それに震えているわけでも、落ち着きが無いわけでもありません。見た目はアレですが、それなりに元気そうです。

カラスは集団行動をしますが、このカラスはたぶん群れに戻れず、寝ぐらに仲間を連れてくることは無いと思います。伴侶ができたり子孫を残すことも無いでしょう。昨年生き延びたからといって、長生きできるかどうかも分かりません。
なにより、その姿を見ると、どうしても追い払う気になれません。

というわけで、そのまま軒を貸すことにして、ドラマ「WITHOUT A TRACE」の主人公の名前を勝手にカラスにつけました。
ジャック・マローン 
行き過ぎた単独捜査がお得意で、子供の頃の家庭環境が原因でプライベートはヨレヨレ‥、うん、よく似合う名前です(笑)

人畜共通感染症と寄生虫の可能性があるので、飼い鳥でもないのに、きちんと糞の掃除をしなければなりませんが、昔、フクロウを飼ってみたいと思ったことがあるので、猛禽がいると思えば、まあそんなものかな(苦笑)
洗濯物を干すときは、もちろん物干し竿も消毒しています。

まさかカラスとこんな展開になるとは、思ってもみませんでした。
ジャック・マローンはどんな姿なのか‥、うちのブラックタンのチワワさえ、なかなかうまく撮れないのに、顔をよく動かすカラスをフラッシュ無しできれいに撮る自信がなかったので、イラストを描いてみました。暇な連休だから、できることですね~(笑)
カラスのお腹の地肌は黒いのですが、イラストだと羽毛の色と区別がつかないので、お腹のハゲに色をつけてみました。
まず、ごく普通のカラスの姿を想像してみてください。










これが、ジャック・マローンです(実物はさらに貧弱ですが‥)。







からすのジャック







↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。



にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

       

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示