来週の気圧配置と3ヶ月予報




calumma parsonii



来週は波打つ寒気が複数回やってきて高気圧と入れ替わり、その後また一段と気温が下がるようです。さらに3ヶ月予報によると太平洋側は暖冬で低気圧が頻繁に通過するようです。

こういう天候は体の弱い人や私のように気象病込みの持病持ちの人間には確実に堪えます。程度によっては、普通の方でも堪えますよね。
で、恐ろしいことにカメレオンも例外ではありません。冬はカメレオンの入荷シーズンですが、昔々、「切花」に過ぎないカメレオンはショップが立ち上げずに、死んでしまわないうちにとすぐに販売することが多くて、ひどい状態で輸入されて日本の冬の気圧配置に翻弄されたカメレオンたちの多くは悲惨な運命を辿り、カメレオンは長生きしないという説をさらに確かなものにするような暗黒の時代がありました。
今はショップさんの努力で輸入状況も改善され、さらにショップさんが立ち上げてくれて、冬だろうが元気な個体が入手できる良い時代になりました。

が、既に飼育中のカメレオンももちろんこの気圧変化の影響を受けるわけです。人間同様、元気いっぱいであれば問題無いことでしょう。
しかし口の中に常に爆弾を抱えているのと同じ状態(口の中のネバネバに細菌が繁殖しやすいため。このネバネバはカメレオンの命取りになりやすい)のハーマイオニーは、何度も厳しい気圧の変化を受ければ体調が低下する→免疫力が低下する→呼吸器感染症になるという可能性が十分あります
気圧の変化は人間には如何ともしがたいですが、それ以外の面については自分の限界(持病ですが)を一つ越える覚悟でがんばろうと思います。
ハーマイオニー、なんとしても生きてこの冬を越えよう!!



↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

先日はお祝いのメッセージ頂きありがとうございました。
知り合って間もないのに・・・
すごく嬉しかったです。

ハーマイオニー、なんとしても生きてこの冬を越えよう!!

って書いてありましたが
そんなにも冬はあぶないのですか?

もっと寒くなってきたら心配じゃないですか!!
何とかならないのですか?
かわいそうやわ。

可愛くてキレイなコやのに・・・

お肌もツルツルしてそうですね。

私は何の知識もないから全然お役に立てずに
申し訳ないです。

冬を乗り切れるいい策があればいいにに。

Re: こんにちは

おはるママさん、こんばんは。
ブログの良いところは、知り合って間もなくても、
こうしてお互いときには真摯に、そしてときには楽しく
コメントし合うことで、お会いしたことはなくても
心のこもった交流ができることだと思います(^^)
私もとても嬉しいです。

カメレオンにはいろいろな種類がいるのですが、
代表的な2種類を除いては、飼育が非常に難しいのです。
そう書くとこれからカメレオンを飼おうという方の誤解を
招きやすいので念のために書き添えますと、今は飼育者にとって
神様のようなプロショップも存在していて、とても細やかな
アドバイスをしていただけますので、大昔のように誰も
カメレオンを長生きさせられなかった時代からみれば、
飼育技術は格段に向上し、長生きできるカメレオンがずいぶん
増えました。

ただ、カメレオンは一度にたくさんの卵を産む(胎生の種類も
いますが)生き物で、カメレオンに限らず、多産系の生き物は
食物連鎖のピラミッドの下の方に位置するだけでなく、生まれた
すべての子が元気に長生きするようにはなっていません。
個体差があるのです。

その子の素質的なものと併せて、飼育する環境の微妙な違い、飼育者の
扱い方の違い、何年飼っていても飼育者が予想も付かなかった
出来事が起きてしまうことなどが様々な結果を生み出します。

冬についてですが、今はこの冬についての予測を書いていますが、夏と冬は
基本的にカメレオン飼育者にとっては油断禁物の季節です。健康な
子でも大きな気圧変化や夏は暑さの制御などが難しく体調を崩し
やすい季節なのです。
カメレオンを診察できる動物病院は今は増えましたが、
ワンちゃんや猫さんほどには医療が進んでいません。

もちろん私も最大限の注意を払い、常にできる限りのことを
し続け、そういう意味で気は緩めませんが、ハーマイオニーの場合、
それでも絶対に大丈夫とはどうしても言えません。
ハーマイオニーには舌がありません(右側のハーマイオニーの項目の最初に
迎えたいきさつがあります)。そのためなのか、迎えたとき既に口の中に
大量のネバネバがあり、除去してもすぐにできてしまい、獣医さんにも
治らないだろうと言われています。
本文中にも書いてありますが、私がどんなにがんばって口腔内の清潔や
ハーマイオニーの健康維持に努めてもネバネバはすぐに復活します。
大きな気圧変化が頻繁に続いたり、人間でも体調が悪くなるような
気圧配置が続くと、残念ながら誰にもその結果が予測できないのです。

長いコメントですみません。
おはるママさん、ハーマイオニーのことを心配してくれてありがとう
ございます。
このような事情があるのですが、ハーマイオニーがこの冬を乗り越えて
くれるよう、全力でがんばりますね。
カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知の上で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示