芸術的でさえある




パーソンカメレオンのカイム



クリスマスはいつもの週末通りに過ごし、夜になって自分だけケーキを食べた(しかも3日間)二足歩行の哺乳類
どう考えてみても、うちの子たちにとっては「いつもと同じ」ことが幸せだと思うので、クリスマスもお正月も、二足歩行の哺乳類は静かに彼らと暮らす幸せを改めて噛みしめます。

さて、三連休という余裕のおかげで、一部大掃除を兼ねた掃除をしていると、以前わりと大きめの形でケージの床に落ちていたカイムの脱皮の皮が出てきました。

形のままきれいに剥がれた皮を思わずとっておくというのは、脱皮する生き物を飼っている方なら高い確率で経験があるのではないでしょうか。
まあとっておいても、別に使い道は無いのですけれどね(笑)

苦手でない方は、よろしければ「続きを読む」をクリックして、パーソンカメレオンの脱皮の皮をご覧ください。



↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ



このエントリーをはてなブックマークに追加



脱皮の皮1

 ボディの上側



脱皮の皮2

 ボディの下側(お腹側)ですが、撮影の都合でお腹が斜め上を向いている状態です。

関連記事

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。大型種は皮の剥け方が豪快ですね。繊細なパーソンの肌の質感が伝わってきます。脱皮は個体の健康指標だと云いますが、とても状態が良いのですね^^

クリスマスは私も旧友と再会しましたが、毎年確実に年を取っているなあと顔を見て複雑な気持ちにもなりました(笑)

実は私も観葉植物が好きで、専ら塊根植物、中でもバオバブが一番好きで色々と育てているのですが、行きつけのショップで概念を覆すような見事な(本当にお見せしたいぐらいです)根上がりのブラキキトン(ボトルツリー)に惚れ込んでしまい、数時間迷った挙句に購入してしまいました。今部屋はジャングルです。。。はっきり言って現時点では分不相応過ぎるくらいの風格と価格(汗)のものを手に入れてしまい、カメレオンの購入が遠のいてしまったのですが、この木でウスタレカメレオンを遊ばせてあげる日が待ち遠しいです。
桑の木の苗も買ってしまいました。。。
また、バオバブをもう一株買ってしまいそうで必死に自分を抑えています(笑)


ヨツヅノカメレオンですが、私の飼っていた個体は、これには本当に驚いたのですが、自分から水入れに頭を突っ込んで水を飲んでいました。可愛らしいし立派な角も有り、とても魅力的なカメレオンだと思います。高温と湿度&蒸れに注意すれば、とても飼いやすいと思いますよ。

No title

脱皮の皮、穴もなく、けっこうキレイな形なのですね!
頭の部分がないのは、頭って脱皮しないのかな?

この脱皮の皮、なんか加工したら、
ハンドバックとか財布になりそうですが、ムリなのかな?
ヤフオクでも売れそうな気がするんですけどね~

No title

ご無沙汰してます。
高い確率・・・わかります~(笑)
そ~っとピンセットで摘まんで集めたりしてね。
うちは、蛇も居るので、一本脱ぎしてくれた時は、歓喜しますよ。長さを推測するのにも役立ちますし。

今年は、タイミングが合わず、お会い出来ませんでしたが、
来年は、また女子会したいですね!
良いお年をお迎えください。

No title

ほわー。
本当に芸術的ですね!美しくさえある・・・
まるでなにかの顕微鏡写真のような精緻な美の世界。
こんな風にきれいにはがれるものなんですね。

動物さんたちにとってはいつもと同じ日常がなによりですよね。
彼らと一緒にいつも通り過ごす幸せ。
ケーキは3日間ちがうケーキでしたか?それともホールを3日かけて?

Re: No title

shooting-starさん、カイムがたぶんもともと丈夫な個体で助かっている
ところが大きい気がします(^_^;)

旧友の変化は自分の変化でもありますものね。でも、懐かしい思い出も甦って、
気持ち的には若返る部分もありますね。

塊根植物は鉢によってかなり異なり、味わいのある植物ですね(^^)
見事なブラキキトン、私はまだ見たことがないような気がします。きっと
観葉「植物」というより、しっかりした木なのでしょうね♪
私もパーソンカメレオンと暮らしたいと思いショップに当たり始めてから、
パーソンカメレオンが入荷するまで1年待ちました。
ブラキキトンを新しい環境にしっかり馴染ませて、バオバブを揃えてから
ウスタレカメレオンを迎えるというのも、素敵なカメレオンライフを送るための
良い方法かもしれませんね。あ、いえ、決してバオバブの追加をそそのかして
いるわけではないですよ~(笑)

野生の個体が教えないのに水入れから水を飲むというのは、本当に相当利発な子
だったのですね!
きっとふだんの行動も、場当たり的な動きではなく、カメレオンなりに考えて
行動しているのが感じられるような子だったのでしょうね。
ヨツヅノカメレオンの飼育は山系やパーソンカメレオンの飼育ポイントと同じ
当たりなのですね。未知のカメレオンから急に近づいたような感じがします。
ありがとうございます*^-^*

Re: No title

サチの旦那さん 、頭は残念ながら細かい断片で落ちていたので
拾わなかったのだと思います。
目とか口とかで、バラバラになってしまうことが多いんですよ~。

カメレオンの脱皮皮の財布とかバック!
加工の仕方が私には想像がつかないのですが、もしも実現出来たら
人気がでそうな気がしますね~(^^)

Re: No title

ライラさん、こちらこそ、ご無沙汰しております。

一本脱ぎ!
蛇ならではという感じで、とてもピッタリの良い表現ですね!
見事な一本脱ぎに歓喜されるお気持ち、すごく分かる気がします(^^)

東レプではタイミングが合わず残念でしたが、また女子会で
生き物話しを楽しみたいですね♪

良いお年を。

Re: No title

はなこさん、美しいと感じていただけて、とても嬉しいです(^^)
バラバラに細かくなってしまうこともあるので、大きく綺麗に剥がれた
ときは、つい捨てるのがためらわれてしまいます(;^_^)

持病があるせいかもしれませんが、いつも通り過ごせるって、ふだんは
見落としがちですが、一番幸せで、こんなありがたいことはないと思っています。

ケーキはホールだと飽きてしまうので、3日間違うケーキでした♪

No title

こんばんは。
ブラキキトンですが、画像を撮ってみたところ、私の撮影技術があまりにも下手で、全体写真はボツでした。。。なので、うちのヒキガエルが登るところを撮ってみました。

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-xxi4w7hh45rc5ytcfpqrx47dxu-1001&uniqid=71e96c39-065a-45fd-b14c-dd485a575827&viewtype=detail


全体像は、ショップで売られていた頃の写真が分かりやすいです。

https://www.facebook.com/greenguerrilladepot/photos/a.443832052333094.91376.393621127354187/1170048959711396/?type=3&theater

好き嫌いが分かれるかもしれませんが、とても珍しい樹形だと思いませんか?
是非カメレオンをこの木で放し飼いしてみたいです(^o^)

新しいバオバブ、実は今日当たりをつけてしまいました。。悩んでます(^o^;

カイム君、ハーマイオニー君と共に良いお年をお迎え下さい(^o^)/

Re: No title

shooting-starさん、画像を見せてくださってありがとうございます(^^)
ブラキキトン、これは見事ですね!
全体の草姿もいいですし、ヒキガエルさんが登っている幹の風格がすごい!!
観葉植物というより、良い意味で盆栽のような観賞価値がありますね~(^_^)

バオバブ、当たりをつけられたなら、それはもう行くしかないかもしれませんね♪
いえ、決してバオバブの追加をそそのかして いるわけではないですよ、でももし
当たりをつけた鉢が売れてしまったらショックですしね~(笑)

shooting-starさんもよいお年をお迎えください。
カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示