今日も元気だごはんがうまい




パーソンカメレオンのカイム


 …と、ごはんを口の中に入れたまま、目が座っている状態のカイム。体を少しカーブさせているので、ボディに縦皺がよっています。



朝はどうしても忙しいので、ときどき時短のために、カイムがごはんを自分で食べているとき、まだ食器の中に残っている分を生き締めにして口に入れてあげて、手早く食事を済ませてもらわないとならない場合があります。
そんなとき、カイムはチラッとこちらを見て、ごはん(コオロギ)をつまんでいる私の指を噛まないようにかなり気を付けて、ごはんだけをカプッと食べてくれます。

私が毎日お世話しているコオロギに目を据えて…というか目がすっかりお留守になって、しばし味わうカメレオン。そのまま10分くらいじーっと味わわれると、その後どうしても時短になってしまうのですけれどね

そしてカメレオンから気を遣ってもらう私←犬とかなら分かるけれど、相手が爬虫類だとけっこう想定外ですよね。

些細なことなのかもしれませんが、考えてみるとなんだか不思議なような、カイムと私のお互いちょっと幸せな気分になれる時短タイム(笑)



↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの日々を暖かく見守っていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

指を噛まないように気をつける、なんて・・・
カメレオンさんもそんなふうに人を思いやってくれるんですね~。
気をつけながらそっと受けとる姿、愛しくて嬉しくて
ほーっとなって会社に遅刻しそうじゃないですか(笑)?

10分間もしみじみ味わってくれたら、用意するほうとしては嬉しいですよね。
日常のささやかな幸せってすてきです。


No title

朝の忙しい時間にのんびり食されると
焦りますよねi-229

KURIZOと銀次は一緒に出勤出来るので
恵まれているのでしょうね。。。

それでも・・・休憩時間の間に
食べ終わってもらわないと困るので。。。

早く食べてくれ~・・・と叫んでしまいます(笑)

カイム君。。。気を遣ってくれるだなんて
賢くて優しいですね^^*羨ましいですわ♪

Re: No title

はなこさん、私たちが彼らを大切にするだけでなく、
彼らも私たちを大切に思ってくれている…、本当に
愛しさと嬉しさで溢れそうになりますi-178

朝の10分は電車3本分に相当しますが(笑)、カイムには
存分に堪能してほしいと思っています。

幸せというのは感覚的に感じるものなので、特別なことの
中より日常の中に見出せる方がより充実感があるような気がします。

Re: No title

soramameさん、彼らには人間の時間的な
制約が分からないですものね~(苦笑)

ハーマイオニーにスムーズに食べてもらうのにも
時間がかかるので、叫ばずに…、味わった後はカイムに
早く食べ終わらせる私(;^_^A

カイムはどちらかというとかなり「ぽちお」的なのですが、
それでも6年以上一緒に暮らすと、変わってくれるものだなぁと
感じています(^^)

No title

こんにちは。
転職先の会社で歓迎会等が続き、意味もなくクタクタです(笑)
行くのは嫌なのですが、行ったら行ったで気を使いまくって雰囲気に合わせてしまうので、余計に疲れますね。。

前回はアドバイスありがとうございました。
空間湿度ではなく体表の湿度と捉える、という言葉に非常に考えさせられました。確かにカエルのように常に霧に包まれているような空間にいると、カメレオンなら体調を崩してしまうかもしれませんよね。

空間全体の空調、空気の循環も考慮し、シーリングファン等の設置も色々と考えてみたいと思います。となると、やはりカメレオンを飼うのは資金を貯めて引越ししてからになりますね(^o^;)
でも、中途半端な飼育環境でカメレオンに辛い思いをさせるよりは、時間は掛かっても万全の体制を整える方が良いですよね。

バオバブですが、カメレオンと同じようにバオバブにも色々と種類があり、先週小さな苗を数種類買ってしまいました。。。これがまた可愛いんです(汗)
一番ポピュラーで丈夫なのがディギタータという種で、オススメはグレゴリーとマダガスカリエンシスです(^^)

バイオハザードシリーズですが、話の風呂敷が広がり過ぎてからはあまり見なくなってしまいました。
アポカリプスでシエンナ・ギロリーのジル・バレンタインが登場した時が一番興奮しましたね(*^_^*)

そういえば、アンダー・ワールドの新作が公開されましたが、これ以上続ける意味は...と思ってしまいます。
現代(近未来?)が舞台なのでこう言ってしまうと身も蓋もないですが、「Rise of the Lycans」のように中世が舞台の方が世界観に合っているような気がしますね(^_^;)
シリーズが長く続くと主人公達の加齢もありますし、その点を考えると、少しジャンルは違いますがトワイライトシリーズは上手く纏めて終わらせたと思います。

個人的にはキングコングの新作(来月公開)に期待しています。安易なハッピーエンドは嫌いですが、原作の有名な後味の悪い終わり方は最悪でした。少し古い映画ですが、原作のリメイク作の「マイティ・ジョー」の終わり方がとても好きです。

長々とすみませんでした(汗)

Re: No title

shooting-starさん、こんばんは。
お疲れ様です~。
仕事関係だと食事でもお酒でも気が抜けないので、疲れる上にそんなに楽しくもないですよね(;^_^A

カエルさんは常に霧に包まれているような空間にいるのですか~。
種類にもよるのでしょうけれど、飼育したことがないので、そこまで気づきませんでした。
私の拙い文章が考えるきっかけになったなら、嬉しいです(^_^)

常に霧に包まれているような高湿を作るのでしたら、高湿が必要な種類でないと(飼育したことが無いのでなんとも言えませんが、ウスタレにはそこまでの湿度はいらないような気がします…。)。
それでも呼吸器感染症や真菌のリスクを考慮すると、日中は霧が晴れる時間帯も作った方が良いですし、霧が出ているときは本人に直接風が当たらない程度で弱い空気の流れがあった方が良いと思います。
カメレオンは空気の淀みにいると免疫が落ちやすい気がしますので、shooting-starさんもお考えのように、空間全体の空調、空気の循環は重要なポイントになると思います。

そうですね~、なるべく万全の体制を作って、時間がかかっていいのでしたら最低一か月くらい装置だけをすべて作動させて(徹底してやるなら一年迎えるのを待つ覚悟で)、季節の変わり目が入る形で毎日温湿度の具合等をチェックしてみるといいですよ(^^)
大げさに聞こえるかもしれませんが、実際にはそれくらい期間を取ると、「その環境で温湿度が想定外になったとき」の感じが掴めて、対応を考えておくことができます。それでも、実際に迎えた個体が想定外の行動を好んで、環境を大幅に変えることになるといった可能性も考えられますが…。

バオバブ、今ググったら、種類によって耐寒性とか育ち方とかいろいろ異なるのですね~。
それぞれの特徴を展開させながら育っていくのが楽しみですね♪

バイオハザード・アポカリプスは、シリーズの中では一番面白かったですね。
ジルはゲームのイメージとピッタリで嬉しい登場でしたね!
シリーズがだんだんストーリーを気にしたら観れない方向に進んでしまったのが残念ですが。

アンダーワールド!!!
落ち込んでいたために、公開されたことに今の今まで気づきませんでした( ̄Д ̄;)
もう終わっちゃってる~(ノ_・。)
覚醒が酷すぎたので新作はできないかと思ったぐらいだったので、DVDで観ようと思います…。
ほとんどセリーンの魅力だけでもたせていたような所がありますものね~。
「Rise of the Lycans」は確かに合っていましたね。ラストで「こう来たか」という感じもよかったですし。

トワイライトシリーズ、実はSFファンタジーホラー系の映画は大好きなのに、これは1作目をテレビで見ていて何回か寝落ちしかけて、以降は見ていないのです。ラブストーリーを前面に押し出されると眠くなるという…(^_^;)

キング・コングも新作が公開されるのですね~。
今はテレビが無いせいか、なんだかいろいろ見落としていました。
ご覧になったら、またぜひ感想を聞かせてください♪
SFファンタジーホラー系の映画(SFはかなり偏って観ていますが…)の話は大歓迎です。

楽しく読ませていただきました~(*^-^)

No title

ずいぶんご無沙汰してしまいました。

噛まないように気を付けてくれるなんて
可愛いですね。
読んでいる私もちょっと幸せな気分です^^

No title

こんばんは。
映画のお話ありがとうございます(^^)
知り合いに映画好きがいないので嬉しいです。
私は落ち込んだ時に映画をよく見ますよ。見るまでに少しの決心は要りますが、ちょっとの間だけでも現実を忘れて気分転換が出来るので(^_^;)

トワイライトシリーズは、甘ったるいラブロマンスが苦手でしたら2作目の途中まではしんどいと思いますが、それを越えれば結構楽しめると思います。アメリカ映画にありがちなヒロインの自分勝手さが目につきますけども(笑)

私もSFファンタジー・ホラーが大好きですが、「最後まで満点!」と言えるような作品は殆どないのが残念です。。。

最近見た中では「ぼくのエリ(原題:モールス)」というスウェーデンの映画がとても素晴らしかったです。7,8年前の作品ですが、人間の少年とヴァンパイアの少女(?)のお話です。終わった後もずっと余韻が残る作品で、あまりにも気に入ってしまい、原作の小説まで買ってしまいました。。。
ハリウッドでちょっと華やかなリメイクも作られましたが、やはりオリジナルが一番です(^^)
気が向いたらご覧になってみて下さい。

頭が疲れた時は「ピラニア」シリーズで大笑いすればいいですよ。頭が空っぽになります(笑)

カメレオンのことを全然書かずにすみません(汗)

Re: No title

きらりさん、おひさです~。
またコメントをいただけて、すごく嬉しいです!

幸せな気分のお裾分け(?)ができて、こちらも嬉しいです♪
生き物との暮らしはサプライズがいろいろあって、楽しいですね(^^)

Re: No title

shooting-starさん、私も同じジャンルの映画を観る知り合いが少ないので、嬉しいです!
特にホラーは引かれることも多いので…(;^_^A
確かに、席に座って、スクリーンに画像が映り始めたその瞬間から、ワクワクして現実が飛んじゃいますね(^_^)

トワイライト・シリーズもさすがに全編甘ったるいラブロマンスではないのですね、良かったぁ(笑)
「アメリカ映画にありがちなヒロインの自分勝手さ」、これってけっこうイラッときますよね。
特にヒロインの自分勝手さで全員振り回されるようなときに。日本人とアメリカ人の違いですかねぇ…。

確かに、私も100点満点のSFファンタジー・ホラーは無いような気がします。
古い作品ですが、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」と「シックス・センス」はけっこう好きです。
特に「シックス・センス」でコールに幽霊が見えることを母親がやっと信じるシーンは、何度見ても涙腺が緩みます('-'*)
マルコムが自分はとっくに死んでいたことに気づく描写も、予想通りの展開なので新たな涙は出ませんが、いい感じに描けていると思います。

「ぼくのエリ」とリメイク版の「モールス」、どちらもロードショーで観ましたよ*^-^*
「モールス」は深みのない映画になってしまってがっかりでしたが、「ぼくのエリ」は私も見終わってからも余韻が残り、好きな映画です。
実はここに長~い感想を書いてありますので、お時間のあるときにでも、よろしければチラッと観ていただけると、とても嬉しいです。
http://mylittlefamily.blog19.fc2.com/blog-entry-557.html

shooting-starさんは原作の小説も読まれたのですね。原作ではエリは男の子で、作者が脚色した映画だそうですが、原作はだいぶテイストが異なる(かなりホラーらしいホラーというのか)みたいですね。

「ピラニア」って、もうタイトルから内容が浮かんできそうですね~(笑)
シリーズ化されたということは、それなりの面白さがあるということですね!
ありがとうございます。タイトルを覚えておきます(^^)v

頭を空っぽにして大笑いというと、「ハムナプトラ」シリーズもけっこう気分転換になりませんでしたか?

ホラー映画について人様と話す機会がなかったので、お陰様でPCの向こうで一人で盛り上がりました♪
またよろしければいつでも映画について語り合いましょう!



No title

こんにちは。ここ数日めちゃくちゃ寒いですね(^_^;) 

キョーリンから「レオパゲル」というのが発売されましたね。完成したグラブパイが詰められたチューブのようなもので、非常に便利だと思いますが、基本的に生餌にしか反応しないカメレオンやカエルにはどうでしょうか。。。
どこかの動画でグラブパイを食べるパンサーカメレオンを見たことがありますが、例外と考えたほうが良いような気がします。変化に敏いカイム君ならどんな反応をするんでしょう?
カエルの場合はベルツノなら問題なく餌付くと思います。本当に便利な時代になってきましたね~。

ここから映画の話題です(笑)
早速ブログも読ませて頂きましたが、citystrangerさんも筋金入りの映画好きですねヽ(*´▽`*)ノ
「ぼくのエリ」の原作はかなり暗くて残虐な表現が多いですが、意外に老獪なエリの心情や、現代で生きていくヴァンパイアの難しさがリアルに描かれていてとても面白いですよ。映画では無償の愛のように描写されていたホーカンさんが、実は結構な変○だったりだとか....。
ただ、翻訳がところどころ中学生並みに下手なんです。時間があれば洋書を読んでみたいですが、当分は無理ですね(汗)

「ピラニア」シリーズは相当な過去作も含まれるので、ここでオススメするのは2010年の「ピラニア3D」からの作品です。かなり下品な映画なので、酔ったアメリカ人が好むちょっと卑猥なジョークに寛容な方でないと不快感しか感じないかもしれません(^_^;)
1作目はご都合主義な内容も多いのですが、次作の「ピラニアリターンズ」は救いようのない馬鹿馬鹿しさとカオス感がとても面白いです。

ハムナプトラシリーズもよく観ましたよ(^o^)。あのCGを駆使したいかにもハリウッド!という感じがとても好きでした。ブレンダン・フレイザーは背も高く男前なんですが、どこか顔の造りが剽軽で、真面目な顔をすればするほど笑ってしまいそうになってしまいます(;^_^A
敵役ヒロインのアナクスナムンがとても美人で印象的だったのですが、あんなに尽くしていたイムホテップを最後にあっさり見捨てた時、「なんでやねん!」と思わず突っ込んでしまいました(笑)
女優として成功したレイチェル・ワイズが三作目で降板し、マリア・ベロに代わりましたが、このマリア・ベロがとても好きな女優で、メル・ギブソンと共演した「ペイ・バック」という映画が・・・・(長いので以下略

SFファンタジー・ホラーとしては、前記のレイチェル・ワイズがキアヌ・リーヴスと共演した「コンスタンティン」もなかなか完成度が高かったと思います。甘ったるいラブロマンスもなく、敵役たち、特にサタンが格好良く、何度も観てしまいました。ただ、ホラーというよりはアクション映画に近いですね。。。

ホラー映画は精神にビリビリと訴えてくるようなものが好きです。初見時の「エクソシスト」は滅茶苦茶に怖くて、本当にホラー映画の金字塔だと思います。スティーブン・キングの「シャイニング」や「ペット・セメタリー(少し違うかも?)」も古いですが名作だと思います。

少々マイナー作品ですが、ローレンス・フィッシュバーン主演の「イベント・ホライゾン」という映画があり、これは珍しい宇宙ホラー作品で、初めて観た時は私が高校生の時でしたが、強烈に印象に残っています。2001年宇宙の旅や禁断の惑星とはまた違った怖さがありました。

ゾンビ映画なら「28日後」がおすすめです。2002年の作品で一時期流行した「全力ダッシュ系ゾンビ」の映画なんですが、話の筋道が当時斬新で妙な現実感があり、終盤の急展開で(?)となりそうな場面もありますが、ホラー映画としては例外的に良い形で終わっています。続編はあまり良くありませんでしたが。。。

また、「プレデター」シリーズも大好きで、、、、と続けたいのですが、本当にキリがないのでこのあたりにしておきます(^_^;)

今日は「300(スリーハンドレッド)」を観てとても良い気分転換が出来ました。
citystrangerさんもリフレッシュされてくださいね(^o^)/

Re: No title

shooting-starさん、こんばんは。
寒いですよね~。週末に暖かくなるという予報が当たってほしいですが、
その後また寒くなると思うと、微妙な気分ですね(笑)

カエルもとてもたくさんの種類が存在しますが、問題なく餌付くであろうという
のはベルツノなんですね。ベルツノの食いつきっぷりは、相当なものらしいですものね。

グラブパイを食べるカメレオン…、う~ん、どうなんでしょうね。
グラブパイが気に入って覚えたとしても、ずっとそれだけを食べ続けているのかどうか…。

レオパゲルですが、私は今のところ使ってみる気はないです。もし強制給仕が必要に
なったら、グラブパイの方が微量要素が豊富なので、カメレオンに使うならそちらにすると思います。

ブログを読んでくださってありがとうございます(^^)
映画大好きですよ~♪
「意外に老獪なエリの心情や、現代で生きていくヴァンパイアの難しさ」、この辺りは
面白そうですが ホーカンさんの変〇ぶりは読みたくないかもです(;´▽`A``
翻訳がそんなに下手な本って、なんか内容だけでなく、そっちもビックリな感じ
ですね~。

「ピラニア3D」、「ピラニアリターンズ」、レビューを見てみました。
快調なB級映画なんですね(^_^)
なにも考えずにザーッと観て楽しむ、テンポの良いB級映画の醍醐味ですね♪
ただ、私は〇グロよりもグログロの方が好きでして(笑)、同じB級映画なら「ブレイド」
シリーズの 方が好きかもです(^_^;)
B級ではないかもしれませんが、「遊星からの物体X」なんて、繰り返し見ましたし(;^_^A

ハムナプトラ面白いですよね!ブレンダン・フレイザーって、ほんとハンサムなのに
コメディー向きな感じ ですよね(笑)
1作目はエヴリンのお兄さんのジョナサンが実に笑えましたよね~。アナクスナムンの
あの最後に あっさり見捨てるシーン、私は「おお、悪女の本性だね~」と思ってニヤリ
としてしまいました(笑)

「ペイ・バック」は観ていないです。マリア・ベロって映画やテレビドラマで安定した活躍
ぶり みたいですね。

「コンスタンティン」はコンスタンティンのキャラ設定が印象的でした。
サタンかっこよかったですよねー(^-^)

「ペット・セメタリー」は皮肉が効いていて、派手なのか地味なのかという感じですが、
私も大好きです♪

「エクソシスト」はカラス神父が亡くなってしまうのがショッキングでした。
スティーブン・ キングのホラー映画はけっこう面白いのが多いですよね。

「イベント・ホライゾン」、Wikiであらすじを見てみましたが、面白そうですね!
shooting-starさんは高校生の時にご覧になったのですね~。「高校生の頃に私が
観て印象深かった映画は…」と書きたいところですが、かなりお姉さんなので、
止めておきます(ちなみにこのブログは精神年齢で書いています)( ̄▽ ̄;)

全力ダッシュ系ゾンビって、逃げ遅れそうで怖いですよね。ゾンビものやホラー映画は
暗い ラストが多いので、良い形で終わるというのは珍しいですよね。
「ドーンオブザデッド」は観たのですが「28日後」は次にゾンビ物を観たくなったときに
しますね。

そのうち時間のある時にでも、「プレデター」シリーズの感想も聞かせてくださいね(^^)

「300(スリーハンドレッド)」スペクタクル映画なのですね。
戦闘シーンが迫力ありそうですね!
だいぶ違いますが、「プリンスオブペルシャ」のアクションがなかなか見事でした。
ありがとうございます~(^▽^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: あのね

鍵コメ様

こちらこそ、ありがとうございます(^^)
あれって、けっこう難しいですよね(笑)

今度はどうかな~。

ではまた(^^)/
カウンター
最新記事
スポンサードリンク
プロフィール

citystranger

Author:citystranger
いつでもなぜだかストレンジャー。
貧乏だけど‥、誰しも譲れないことってありますよね。
うちの子と一緒なら、これからはきっと、どんな人生でもパラダイス!

☆LINEスタンプ☆
かわいいカメレオンのラブリーさん_サイドバー
かわいいカメレオンのラブリーさん


パンサーカメレオンたち
ワカと蘭丸とパンサーカメレオンたち


パーソンカメレオン飼育初心者です。飼育はカイムの状態を見ながら常に模索していますので、一般的なパーソンカメレオン飼育と同じとは限らないことをご了承ください。
当ブログは不測の事態が起きた時に振り返って考察するために記していることが多く、「カメレオン飼育の推奨例」ではありません。飼育者の方はご自分の飼育スタイルでお願いいたします。

トロイ(仮名)→カイム
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子

ハーマイオニー
パーソンカメレオン・オレンジアイCBの男の子 舌を失ったことを承知の上で迎えました

わりと幅広く生き物が好きです。両親がペット好きだったので子供の頃からいつも何か家にいて、小鳥・猫・ウサギ・ハムスター・オオスナネズミ・オオヤマネ等と暮らしてきました。現在はチワワの女の子もいます。
また、いろいろなジャンルのブログを読ませていただくのも好きです。このブログのジャンル上、ひっそりROMさせていただくこともあるかと思います<(_ _)>

リンクはアダルト・宗教関連以外のジャンルで、できれば相互リンクを希望します。なお、無断リンクはお断りいたします。

なお、このブログの文章・イラスト・画像の著作権はcity strangerに帰属します。ブログから、または画像検索・検索などからの無断使用・再配布はお断り致します。

カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示